TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/08/22 現在)

21412
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9035567 更新:2012年12月29日

聖徳太子が目指した政治


聖徳太子の肖像画を見せる。
すぐに「聖徳太子だ!」と声が上がる。
もし出なければ、「聖徳太子です」と説明すればよい。

発問1:

聖徳太子について知っていることはありますか。

「一度に10人の人の話を聞き分けられる」
「十七条の憲法を作った」
「法隆寺を建てた」
「昔の一万円札に載っていた」
生徒に活躍の場を与える。
中学生も、自分が知っていることを答えるのは大好きだ。

指示1:

では教科書にはどう書いてあるか、調べてみましょう。34ページを開きなさい。

指示2:

穴埋めしながら、黒板を写しなさい。

聖徳太子
(1)推古天皇の○○になった
(2)蘇○○○と協力して政治を行った
(3)冠○○○○の制度を作った
(4)○○○○○法を示した
(5)○○○子を○○使として中国に送った
(6)○○寺を建てた

指示3:

すべて埋まったら、先生に見せに来なさい。

全問正解のノートには大きく丸を付ける。
出来なかったところは指摘して、再挑戦させる。
全問正解した生徒には、黒板の穴埋めを1箇所埋めさせる。
出来ていない生徒には、黒板を参考にして作業をしてよいことを伝える。
こうすることで時間を持て余す生徒がいなくなる。(時間調整)
黒板の穴埋めがすべて終わったところで、この作業は終了である。

発問2:

これらの政策を通して、聖徳太子は何がしたかったのですか。

指示4:

ノートに一言で書きなさい。

【天皇を中心とする政治制度を整えようとした】
教科書にズバリ、書いてある。
もう一歩、突っ込んでみる。

発問3:

では聖徳太子はなぜ、天皇を中心とする政治制度を整えようとしたのですか。

指示5:

ノートに書けたら見せに来なさい。

生徒たちはさらに教科書をよく見るようになる。
「中国や朝鮮に学んだから」
「地方の豪族が反乱を起こしていたから」
「豪族同士の争いが続いていたから」
「中国のような強い国になりたいから」
大いにほめる。黒板に書かせたり、口頭で発表させたりして情報を共有する。

発問4:

では聖徳太子が行った(1)~(6)の中で、一番重要なものは何だと考えますか。

指示6:

1つ選んで、ノートに数字を書きなさい。選んだ人は理由も書くのですよ。

以下のように板書しておく。

(  )番だと考えます。
なぜなら・・・・

十分に時間を取った後、指名なし発表させる。
「1番です。なぜなら自分が政治を行ったのに、天皇をたてていたからです」
「4番です。なぜなら天皇の命令に従うという心得を示しているからです」
「5番です。なぜなら中国から学ぶためには、実際に中国へ行って学ぶことが必要だからです」
「3番です。なぜなら家柄にとらわれずに役人に取り立てたので、聖徳太子の下で働く人はみんなやる気が出たと考えるからです」
「6番です。なぜなら仏教の力があれば、権威を示すことができるからです」
「2番です。なぜなら自分一人ではなく、みんなで協力して政治を行う姿勢を示すことになるからです」

重要なものを考えると、さらに教科書を読み込み、一つ一つの政策を検討せざるを得なくなる。
指名なし発表が終わるころには、どの政策も天皇を中心とする政治制度を作るのに大切なものだったことが深く理解できるようになる。
「すばらしい発表でしたね。どれも正解です。このような政策を次々と実行したから、天皇を中心とする政治制度が出来上がったのですね」


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド