TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/06/29 現在)

21421
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5806410 更新:2012年12月29日

カラフルへびさん、こんにちは


本実践は1年生で行った授業である。1年生は集中力が持たないため、2時間続きの授業ではなく、1時間ずつの授業にしてもらっている。

【準備】8つ切り画用紙、クレヨン、絵の具、カラーチョーク(パステル)、紙やすり

ヘビをクレヨンで描く(20分)

発問1:

こーんな、カラフルなヘビさんを描きます。

P1011005

指示1:

画用紙のここか、ここか、ここか、ここ(4角を指さして)に、ヘビの頭をかきます。

P1011006

指示2:

今、頭を描いた所と違うところの隅にヘビのしっぽを描きます。

P1011007

黒板に、図のような絵を描く。

P1011008

発問2:

A、B、C、どのヘビさんが一番長いですか?Aだと思う人(挙手)…Bだと思う人…Cだと思う人。

発問3:

Cが一番多いみたいだけど、どうしてCだと思ったのかな?

C「くるんとなっているところが一番多いから」

T「くるんとなっているところが多いと、長く見えるんだね。」

発問4:

では、くるんとなっている所の描き方はアとイのどちらがいいかな?

P1011009

C「ア!」
T「みんなも、アのようにして描きます。」

説明1:

先生が描いてみます。ヘビの頭から、かたつむりの線がスタートします。

「ゆっくり、ちょっと進んで、反対の線もちょっと進んで…。二人のかたつむりが、一緒に歩いているつもりで描いていきます。」

P1011011

「くるんと線を描いたら、線と線がぶつかるところまで来ます。線と線がぶつかったら、いったんクレヨンを画用紙から外して、向かい側の線からまたスタートします。」

P1011013
P1011014

指示3:

同じようにやってみましょう。

一つの「くるん」ができたら、教師に見せる。

指示4:

あと4つ、「くるん」を描いてしっぽにゴールしましょう。

ヘビの巻の数を5つまでと指定した。複雑に絡まるヘビを描いてしまうと、絵の具の作業のときに大変になると思ったからだ。

時間調整で、ヘビに模様を描かせてもよい。

P1011016

ヘビの頭を塗る(25分)

指示5:

絵の具の準備をします。

説明2:

ヘビさんの頭を塗ります。小筆で、線の内側を縁取ってから塗りましょう。

P1011018
P1011019

指示6:

絵の具の片づけをします。今日は水入れの水を捨て、パレットの大部屋をティッシュで拭くだけにします。

この片づけ方法なら1年生でも全員5分以内に片づけることができる。パレットの小部屋の絵の具は次週、水で溶いてまた使うことができる。

ここまでで45分の授業は終了。

ヘビの色を塗る(45分×2回)

説明3:

一つの色をヘビさんの体にいくつか、このように塗ります。

P1011020

1つ目の色を塗らせる。

説明4:

その隣に、別の色を塗ります。これを何度も繰り返していって、ヘビさんの体全体を塗ります。

P1011021

模様にも色を塗らせる。

P1011022

ヘビの色が全部塗れたら、パレットを全部きれいに洗わせる。

周りの色をチョークでつける(20分)

子どもたちに教師机の周りに集める。

説明5:

今から、チョークと紙やすりを使って、ヘビさんの周りに色を付けます。今からやって見せますから、よく見てやり方を覚えてください。

指示7:

チョークをこのように紙やすりでやすると…

P1011024

C「チョークの粉ができた!」

説明6:

このチョークの粉を、指で丸く伸ばします。

P1011026

説明7:

別の色をやるときは、紙やすりの別の場所でやすります。指も、さっきとちがう指を使いましょう。

指示8:

画用紙全体がチョークの丸で埋め尽くされるまでやりましょう。

Pc291153

紙やすりは一人一枚配ったが、チョークは班に1セットに配った。

指示9:

出来上がったら、ヘビの名前を考えましょう。

題名札にヘビの名前と自分の名前を書かせて終了。


2回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド