TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/23 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7040753 更新:2012年12月29日

誰にでもできる楽しい混色指導~虹をつくろう~


このページは、日本教育技術方法大系第11巻p.169 池上勉氏の論文をWEB化したものである(彩色の画像は、野崎による) 。

混色指導にはいろいろあるが、子どもたちが楽しみながら、混色してできる色がわかる方法を紹介したい。
特に、初めての混色指導には効果的である。

<図1>

1
2

<準備するもの>
  ○八ツ切画用紙(虹の図が印刷されている)
  ○絵の具道具一式

説明1:

今日は、みんなに虹を作ってもらいます。

「エーッ!虹!」という声!
子どもたちは、どうやって作るのか興味・関心を示す。

発問1:

虹は、いくつの色からできているかな。

「たくさんの色!」
「わかんないよ!」
「たしか、7つじゃないかな?」
「絶対、7つだよ!」
「赤色と黄色と・・・・・・あと・・・?」

虹は7つの色からできているということを子どもに教え、画用紙(虹が印刷されている→図①左)を配り、次の指示を与える。
(OHPを活用し、図①を投影しながら指示すると効果的である。)
※ パソコンとプロジェクターを使って投影することもできる。<※ 文責 野崎>

指示1:

パレットに、赤、黄、青の順に絵の具を出しなさい。

指示2:

絵の具は、ぜんぶ小さな部屋に出しなさい。

指示3:

筆は中筆を使います。

説明2:

図の①~⑦の番号は、虹の色をぬる順番です。
     

指示4:

①番を見なさい。
     

説明3:

①番は、赤です。
虹の一番上の色は赤ということになります。

指示5:

一番上の虹の部分に、赤色をぬりなさい。

赤をぬり終わったところで、次の指示を行う。

指示6:

②番と③番を見なさい。
    

説明4:

②番は、黄色です。
③番は、青色です。

指示7:

赤と同じように、黄色と青色をぬりなさい。

3
4

全員が黄色と青色をぬり終わったら、いよいよ、ここからが混色指導の始まりである。

指示8:

④番を見なさい。
    

説明5:

④番は、赤と黄色の虹の間にあります。
④番の色をつくるには、赤と黄色の絵の具を同じ量、混ぜるという意味です。
     

発問2:

さて、何色ができるでしょうか。

指示9:

赤と黄色の絵の具を同じ量混ぜて、④の部分にぬりなさい。

色を混ぜると、橙色ができる。
子どもたちからは、「だいだい色だ!!」「やっぱりな!!」という声が聞かれる。
④番に橙色をぬり終わったら、次の指示を与える。

指示10:

⑤番と⑥番についても、同じようにやりなさい。

⑤番と⑥番をぬり終わると、あとは、⑦番だけが残ることになる。
⑥番で、黄色と青色を混ぜると緑色ができる。
⑦番は、その緑色と黄色を同じ量、混ぜるという意味である。

あとは⑦番だけになりましたね。
     

指示11:

⑥番で作った色と黄色を同じ量混ぜて、⑦の部分にぬりなさい。

①~⑦番まで色をぬり終わったら、全員で虹の色の確認をし、教室に展示すれば、教室全体が虹の世界に早がわり!!
子どもたちにとっても楽しく混色が学習でき、3色で7原色の虹を作った喜びは大きなものになる。

5

Copyright (C) TOSS All Rights Reserved.
TOSS(登録商標第4324345号)、TOSSランド(登録商標5027143号)
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド