TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/11/19 現在)

21537
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6270425 更新:2012年12月28日

彫刻刀をダイナミックに使うグループ版画


説明1:

小学校での木版画。最初の段階では、小さい細やかな作業は難しい。そこで、大きな下絵にダイナミックにいろいろな彫刻刀を使うことを体験させたい。そのためには、グループ版画がとても有効である。

グループ版画は、グループで行う版画である。

4年生ではじめて彫刻刀を使う子供たちに以下のように指導した。

1時間目 作品例を提示 下書き

2時間目 下書き

3・4時間目 彫り

5・6時間目 刷り

7時間目 鑑賞

1時間目(準備、デジカメ、プロジェクター、下書きの紙)

説明2:

今日から木版画をします。
 木版画では、このような作品になります。(これまでの作品例を提示)
 彫刻刀の種類によっていろいろな彫り方ができます。
 (それをデジカメで撮り、4分割して提示する)今回は、4人で一つの作品を作ります。
 したがって、一人一人作るのはこのようになります。

今日から木版画をします。
 木版画では、このような作品になります。(これまでの作品例を提示)
 彫刻刀の種類によっていろいろな彫り方ができます。
 (それをデジカメで撮り、4分割して提示する)今回は、4人で一つの作品を作ります。
 したがって、一人一人作るのはこのようになります。

Dsc04435
Dsc04436

3・4時間目

 彫刻刀の使い方を説明した後、どの部分を何刀で彫るのか相談する。

 実際に彫り始めた。

 はじめて使うということで、まだ、彫りの流れまでは意識できていなかった。

 そこで、次のように修正した。

指示1:

下書きした線をマジックで太くします。その線を残すように彫ります。
 毛が生えているようなところは流れに沿って彫ります。

5・6時間目

指示2:

一人2枚刷ります。最初は、先生が刷ります。2枚目はみんなが刷ります。 

印刷の方法については、以下のものを参考にした。

《参   考》      

高橋正和:木版画だれでもできる印刷のポイント

 なお、時間差があるので2枚目には絵の具で色を付けさせた。

 そのときには、グループで色も相談して塗るようにしないといけない。

 着色については、あまり濃くしないほうが彫りのよさが生きる。

7時間目

 4枚を貼り合わせ、自分の作品を振り返ったり、友達のよいところを見つけたりした。

 2月の授業参観のときに掲示したが保護者の方からも注目された。

Dsc04539
Dsc04545

4年生という版画の初期段階に於いては、大きい下絵で行うほうがダイナミックにいろいろな彫刻刀を体験できる。これまでものだと下絵が細かくなり、ていねいにできないことが多かった。また、グループで協力して進めることで助け合いや励まし合いが見られた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド