TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/01/20 現在)

21377
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3832582 更新:2012年12月28日

超簡単!あいさつでおもしろ発声練習


「こんにちはー」(こんにちはー)

あいさつだから黙っていても返事は返ってくる。返事が返ってこない,声が小さいときなどはもっと大きな声でもう一度「こんにちはー」と言えば大きい返事が返ってくる。

〔高い声で〕「こんにちはー」(こんにちはー)
〔低い声で〕「こんにちはー」(こんにちはー) 

テンポよく進めていく。

「こ・ん・に・ち・はー」(こ・ん・に・ち・はー)  

1音1音区切るようにして発声する。

おなかに手を置きます。1音1音,おなかを押しながら言います。
「こ・ん・に・ち・はー」(こ・ん・に・ち・はー)   

腹式呼吸をしながら,またおなかをへこませながら発声することを意識させる。

おなかをパンチしながら言います。「こ・ん・に・ち・はー」(こ・ん・に・ち・はー) 

ぶよんぶよん,と手がめり込んではダメです。おなかを堅くして,拳を受け止めます。
「こ・ん・に・ち・はー」(こ・ん・に・ち・はー)  

笑いが起こる。しかし,腹式呼吸をしながら発声することができる。

「はー」と伸ばすときに手で顔を伸ばします。「こんにちはー」(こんにちはー)

あごを両手ではさみ,下げる。友達とお互いに顔の伸ばし合いをしてもおもしろい(ただし,高学年は男子同士,女子同士で伸ばし合いができるよう配慮した方が良い)。
歌唱指導の時「口を縦に開けなさい。」と言う指示にもつなげることができる。

「こんにちはーーー」できるだけ長く伸ばします。さんはい。(こんにちはーーー・・・)

おなかが痛くなるはず。「おなかが痛くなった人?」とおなかが痛くなった子をほめる。

全員起立。息が続かなくなったら座ります。さんはい。(こんにちはーーーーー・・・)

最後まで立っていた子に拍手。

変化のある繰り返しで発声練習をさせる。「大きい声!」「張りがある!」「良く響いてる!」「さっきよりも声が出てる!」「大きい口!」「口が縦に開いてる!」など短くたくさんほめながらテンポよく進めていく。子どもはだんだんのってくる。

参考文献 飯田清美著『TOSS女教師ワンポイント指導法シリーズ1 向山型で音楽授業 コマとパーツでこうつくる』


2回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド