TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/05/26 現在)

21635
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6088143 更新:2012年12月28日

ラブレターの書き出しの指導


指示1:

自分の好きな人にあてて、ラブレターを書きます。

比喩表現を2種類、パソコンの画像で提示する。
   A  「    」 のような君(あなた)へ
   B ぼく(わたし)の 「    」 へ

指示2:

どちらかの形で、好きな人を表現しなさい。

1人を指名して答えさせる。
「そういう書き方でいいのですよ。」

指示3:

書けたら、隣の人と見せ合いましょう。

ペアで交流させる。

以下の文例を提示する。

唯(ただ)すぐにも文(ふみ)ちゃんの顔が見たい気がします 
ちょいとでいいから見たい気がします
それでそれが出来ないからいやになってしまいます
          芥川龍之介から塚本文に宛てた手紙(大正七年一月二十三日付)

説明1:

芥川龍之介のラブレターです。

指示4:

〇〇さん、読んでください。

生徒(できれば男子)を指名して、音読してもらう。

一部が穴埋めになった画像に変える。

(              )たい気がします
(               )たい気がします
それでそれが出来ないからいやになってしまいます

指示5:

空欄に言葉を入れて書きます。

指示6:

書けたら、ノートを見せに来なさい。

ノートには、すべて丸をつける。

指示7:

大きな声で発表してください。

丸をもらった生徒には、全員の前で発表させる。
授業は大いに盛り上がる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド