TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/04/20 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5095698 更新:2012年12月28日

「不等号」(小2 移行措置 東京書籍)


1 授業展開

1 サイト

(1)パックマンの紹介
  「パックマンは、大きい数字が大好きです!」

(2)8と5の比較

  「8と5はどちらが大きいですか。」(8)
   「パックマンは8を食べます。(パックマンが8の方を向く)」

(3)パックマンの口を体で表す。
  「8の方に”パックン”と言って、手を開くんだよ。」

(4)4と7の比較
  「4と7はどちらが大きいですか。」(7)
  「パックマンは7を食べます。(パックマンが7の方を向く)」

(5)パックマンの口を体で表す。
  「大きい方に”パックン”してみよう。」

(6)パックマンの口が不等号に変わる。
  「パックマンを書くと時間がかかります。そこで記号を作りました。不等号といいます。」

(7)先生問題で不等号を使う問題を出す。
   ①24□18 ②51□60 ③47□92

2 教科書(東京書籍 移行措置教科書6ページ)

(1)教科書6ページ□1の問題を読み、学校の人数を確認する。

(2)☆1を扱う
  「ズバリ、どちらが多いですか。」(東小)
  「東小が多いことを不等号で表しなさい。」(412>398)
  「412>398の読み方を教科書から見つけなさい。」(412は398より大きい)
  「ノートに次のように書きなさい。」
      412>398
      412は398より大きい ←不等号で表した式の下にそろえて文章を書かせる。

(3)☆2を扱う
  「どちらが多いですか。」(南小)
  「南小が多いことを不等号で表しなさい。」(412<465)
  「412<465は何と読みますか。」(412は465より小さい)
  「ノートに次のように書きなさい。」
      412<465
      412は465より小さい ←不等号で表した式の下にそろえて文章を書かせる。

(4)①を基本型で解かせ、答え合わせをする。
  【基本型】
      389>387
      389は387より大きい

このサイトが必要な方は中田までご連絡下さい。ただし教室での使用に限らせて頂きます。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド