TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/08/23 現在)

21412
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1214230 更新:2012年12月28日

すぐにデキル!2人組の体ほぐし「じゃんけん編」


1.じゃんけんおんぶ

説明1:

じゃんけんをします。負けた人は勝った人をおんぶして5歩歩きます。

子どもの実態に合わせて歩く歩数を増やしてもよい。

指示1:

じゃんけんおんぶ、よーいスタート!

2.じゃんけん手押し車

説明2:

負けた人は手押し車になります。勝った人は負けた人の足首を持ちます。そして、前に5歩歩きます。

子どもの実態に合わせて歩く歩数を増やしてもよい。また、手押し車のバリエーションとして、後ろに歩く、横に歩く、時計回りで1周まわる。等がある。

 足首を持っている子は、足をおろす時そうっと床に置くように気をつける。

指示2:

じゃんけん手押し車、よーいスタート!

3.じゃんけんとび箱

説明3:

負けた人は四つん這いになってとび箱を作ります。勝った人はとび箱を1回跳び越します。

跳び越える自信が無い人は足の所を跳び越えてもいい事を告げる。

指示3:

じゃんけんとび箱、よーいスタート!

4.じゃんけん馬とび

説明4:

負けた人は馬になります。勝った人は1回馬とびをします。

馬を作る時に頭を下げるように気をつける。

指示4:

じゃんけん馬とび、よーいスタート!

5.じゃんけんトンネル

説明5:

勝った人は足を横に大きく広げ、トンネルを作ります。負けた人はトンネルを3回くぐります。

慣れてきたら、トンネルをくぐる回数を増やしてもよい。

指示5:

じゃんけんトンネル、よーいスタート!

6.じゃんけん丸太越え

説明6:

負けた人は手と足をまっすぐ伸ばし寝ます。丸太です。そして、勝った人に向かって転がります。勝った人は丸太を跳び越えます。

指示6:

じゃんけん丸太越え、よーいスタート!

2年生55名での実践である。授業の初めに毎回3つ程選び、5分程度行った。3回目からは説明はいらず指示だけでスムーズにできるようになった。2週間ほどたって少し飽きてきた様子が出てきた。そこで、じゃんけんの方法を足じゃんけん(グーは足を閉じる、チョキは足を前後、パーは足を横に開く)に変えた。それだけで、動きが良くなり活気が出てきた。また、足じゃんけんの方が手のじゃんけんより運動量が増え一石二鳥である。飽きやすい低学年はほんのちょっとの変化でも喜んで活動する。常に変化を意識して指導していく事が大切だと思った。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド