TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/10/18 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9134280 更新:2012年11月07日

「かくれんぼ」3時間目


4月教材です。音読を中心にすすめます。
「。」「、」に気をつけて読むことも意識させます。
見開き2ページ読むと音読の○を一個塗るシステムにするため、場面ごとに授業を進めるのではなく、教科書見開き2ページごとにすすめます。
三時間目は読みの検定を行います。

■三時間目■

1時間の流れ:新出漢字テスト練習→教科書10ページから11ページ教師の範読→音読練習→読みの検定。
2時間目と同じで音読の前に必ず子どもに尋ねなければならないことがあります。

発問1:

家で読んできた人?(6ページ~7ページ、8ページ~9ページ)

手を挙げた子にさらに尋ねます。

発問2:

○は何個塗れましたか?

この時に読んでいない子を叱ってはいけません。

読んできた子をおおいに褒めるのです。

そうすれば子どもは「必ず次は読んでこよう」と思うからです。

また、一文を意識するように以下のことを尋ねます。

発問3:

「。」の数はいくつありますか。

18個

発問4:

10から11ページは何文ありますか。

18文

説明1:

「ごめん、ちょっとかくれさせて」の読み方検定をします。

かおるのポケットに入ったバッタがもずに見つからないように言ったことなので、大きな声で読む場面ではない。

合格、不合格で個別評定をします。

教師が説明しなくてもどのように読めばいいか子どもは理解します。

ここは場面を想像させたいところです。


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド