TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/20 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3300015 更新:2012年12月25日

問題行動発生!!保護者への連絡はこうする


いじめ・万びき・器物破損・喫煙等の問題行動が起こった場合の、保護者への連絡の仕方です。一つの例として参考にしてください。

原則1

まずは事実を正確に把握する。
複数児童が関係している場合は、「複数の子供がかかわる問題行動の調査方法」のページ→トップページから入れます)を参照してください。

原則2

わかった事実を、学年主任、生徒指導主任、管理職に報告する。
今後の指導方針を確認する。

原則3

「おうちの人に、このことを知らせます。でも先生から突然電話があったらおうちの人も驚くよね。まず自分で言いなさい。」と子供に話して帰宅させる。
翌日、元気に登校するように、最後は必ず励ましておくこと。

原則4

時間を置いて電話をする。内容によっては家庭訪問をしたほうがよいことも多い。
最初に「お子さんから話がありましたか。」とます゜確かめる。

原則5

事実を正しく親に伝える。
指導の不行き届きの点があれば率直に謝罪する。
今後の指導方針についても話す。
家庭でよく話し合いをしてほしいことを告げる。 

<注意>
保護者が感情的になっている場合も多いので、あまり一方的に話さず、用件をきちんと伝えることを第一にするとよい。翌日以降のフォローが最も大切なので、解決をあせらない。
場合によっては担任ではなく、学年主任や生徒指導主任と話をしてもらう機会をつくるとよい。

原則6

翌日、子供に家庭でどんな話をしたかを聞き、保護者の様子をつかむ。手紙などを渡される場合も多いので、すぐに対応する。
その際も学年主任や生徒指導主任、管理職と相談をして対応すること。担任一人で抱え込まない。   

<補足>
とにかく小学校では学級担任一人で対応しようとするが、学年主任や生徒指導主任などとチームを組んで対応することが望ましい。 


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド