TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/22 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3300014 更新:2012年12月25日

遅刻を減らす一つの方法


遅刻を減らすための、方法の一つです。継続して行うことが必要です。生徒指導主任の仕事として、よく行われていると思います。

手順1:毎朝始業時刻5分前に、児童の昇降口に立ち、「おはよう」と声かけをする。

手順2:2分前になったら、まだのんびり歩いている子供たちに「あと2分だよ」と声をかける。

手順3:1分前になったら、「1分前だよ。急ごう」と声をかけ、昇降口へ早く入らせる。最後の30秒・20秒・10秒を知らせる。

手順4:間に合わなかった子たちに、[明日はあと3分早く来ようね。」と声をかけ、クラスと名前を控えて担任に知らせる。

手順5:3日連続して遅刻した場合は、本人に「おうちの人にも協力してもらおう」と話をして、保護者へ担任から連絡してもらう。

手順6:間に合うようになった子は、昇降口でおおいにほめる。保護者にも協力に感謝している旨を担任から伝えてもらう。

もちろん、これだけの方策で遅刻が改善されない場合もあるので、家庭と密接に連絡を取り合うことが大切である。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド