TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/22 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2320575 更新:2012年12月25日

夏休み中でも子どもとつながるー暑中見舞いはがき作戦


夏休み前にやること

準備1
夏休み前に、クラス全員に1枚ずつはがきを配る。表書き(担任の住所等)を書かせる。

指示1:

夏休み中、先生にぜひはがきをください。内容は、「こんな本を読んだよ」「○○へ行ってきたよ」「こんなお手伝いをしたよ」など、何でもいいのです。
先生は必ず返事を書きます。
先生からの返事が届いたら、またそれの返事をくれるとうれしいな。
日記のように、「今日はこんなことをした       よ」という簡単なものでもいいんですよ。
何枚書けるかな。

指示2:

では、はがきの表を黒板を書いてあるとおりに書きます。書けたら持ってらっしゃい。

宛名・自分の住所が正しく書けているか確認する。

準備2
1学期最終号の学級だよりに、「はがきを先生に出してね」という内容を書いておく。
終業式の日の学級活動で再度話す。保護者にもはがきの提供をしていただきたい旨を記述しておく。

夏休みに入ってからやること・・・

① 子どもからのはがきが届いたら、即日返事を書く。「2枚目を待っています。」の一言をかならず入れる。

② 8月に入ると同時に、全員あてに暑中見舞いはがきを出す。
   そのときに、「みんなからの手紙が毎日来て、とてもうれしいです。もう3枚もくれた子もいますよ。」等の言葉を入れると効果的。

③ 立秋を過ぎてもはがきが届かない子には、個人的に残暑見まいを出す。
   「元気にしていますか?様子を教えてね。お手紙待っています。」等の言葉を添える。

④ 始業式1週間前に、全員にはがきを出す。「もうすぐ2学期が始まりますね。
   夏休み中みんなからの手紙がたくさん届いて、毎日返事を書くのが楽しいです。
   もう20枚もくれた子もいますよ。・・・・」等書いておく。

夏休み明けにやること

① 始業式の日、全員からのはがきの束を見せる。「こんなに届いて先生はとてもうれしかったよ」ということを必ず言う。

② 枚数が多かった子の紹介を学級だよりに載せる。保護者にはがき提供のお礼も忘れずに。

裏ワザ的なポイント

① 全員あてのはがきは、パソコン等で作成しておくとよい。ただし、個人個人にひとことを入れるスペースを作っておく。
② 日記を書かせている学級の場合は、はがきを日記がわりにしてもよいことを事前に話しておく。
 この方法で、夏休み中42日間、毎日はがきを書きつづけた子がいました。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド