TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/17 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1143322 更新:2012年12月25日

百科事典を入れたインターネット学習システム


1 インターネット学習システムの骨格

インターネットを使った学習システムの骨格を、向山洋一氏が「第5回インターネット会議」で示している。
その時のメモを手がかりに整理する。(文責は吉川にある。)

(1)問題の設定を明確にする

(2) 情報入手の方法を確認する

 

 ①エリアの確定
 ②エリアの分担
 ③調査記録の方法
    ア キーワード
    イ 要約
    ウ トピックセンテンス など

(3)情報を処理する

 

  ①情報の要件
    表題・年度・出典、調査方法、先行調査
  ②一つの情報と複数の情報
    ア 一つの情報→キーワードを含んだ要約(二十字要約)
    イ 複数の情報→キーワードを対応させる、表にする
  ③事実とデータ
    ア データは入手できても事実の入手は難しい
    イ データの入手方法を考える
    ウ 数と写真→読み方、解釈
  ④出発点の情報
    ア 根本情報から派生した情報
    イ 根本情報を解釈した情報
    ウ 根本情報に対立した情報
       根本情報をどう見付けるか→公的機関

この骨格を使って、調べ学習のシステムを次のようにした。

(1)問題を設定する
(2)仮説を立てる
(3)調査方法を検討する
(4)百科事典で調べる
  ①検索する
  ②要約する
(5)インターネットで調べる
  ①検索する
  ②信頼できる資料を見つける
  ③要約する
  ④複数情報を比較する
  ⑤キーワードを引き出す

このシステムのポイントは二つある。
一つは、「百科事典による学習システム」を、インターネットを使う前に組み込んだことである。
もう一つは、キーワードの見つけ方をシステム化したことである。

2 百科事典を使った学習システム

 

5年 「わたしたちの国土と環境」の学習で、「生物の種の減少」を取り上げ、授業を組み立てた。
五時間扱いである。

【第一時】問題、仮説、調査方法
【第二時】百科事典で調べる
【第三時】インターネットで調べる
【第四時】信頼できる資料を見つける
【第五時】複数情報を比較する

【第一時】問題、仮説、調査方法

発問1:

地球上には、どのくらいの種類の生物がいると思いますか。

千単位と万単位で考えが出された。

「種」『世界大百科事典』(平凡社) を提示する。

動物→1,068,240種
植物→  291,800種

説明1:

これは、資料がやや古いものです。
現在では合わせて175万種というデータがあります。
しかし、これは、科学的に明らかにされた数で、未知の種を合わせると300万種から1億種あるといわれます。

「種の絶滅の速度表」(N・マイヤース、(財)環境情報普及センター提供) を提示する。

【種の絶滅の速度表】(N・マイヤース、(財)環境情報普及センター提供)

  区  分      種 類/年
 恐竜時代      0.001
 1600~1900年    0.25
 1900年        1
1975年        A
1975~2000年   B

A、Bは、数値を抜いて提示した。
表題と出典を読ませた。
次に区分を教師が読み、種類/年を子どもが読んだ。
1900年の「1」はどういう意味か尋ねた。
「絶滅した種類」という。
「1年に絶滅した種類の数」であると教えた。

発問2:

1975年は1年に何種の生物が絶滅していると思いますか。

「5種類」「10種類」「50種類」「100種類」が出された。

説明2:

Aは1000種類です。

子どもは驚いていた。
さらに、Bを「40,000」と板書したときは何人もが声を上げた。

発問3:

野生生物の絶滅を速めているのは何ですか。

指示1:

問題を写しなさい。

指示2:

「□が絶滅を速めている。」という文にして、考えられるだけ書きなさい。

指示3:

一つ書けたら持ってきなさい。

「人間の活動」と「環境」と書いた子がいた。
例えばどういうことか書くように指示した。
3つの仮説が出てきた。

ア 木のばっさいが絶滅を速めている。
イ 生活水などをよごしていることが絶滅を速めている。
ウ みつりょうが絶滅を速めている。

指示4:

これを調査する方法をノートに書きなさい。

9つの方法が出てきた。
検討して残ったのは、「インターネット」「教科書」「図書室の本」「百科事典」である。

【第二時】百科事典で調べる

発問4:

百科事典の索引を引くとき、どんな語句で引きますか。

指示5:

ノートに書きなさい。

「絶滅」「生物」「減少」「森林」「種」が出された。
意見を求めると、「減少」と「森林」は、生物の絶滅のことは出てこないだろうという子がいた。

実際には、「生物」「種」では出てこない。
「絶滅」という項目もない。
「絶滅動物」という語句で出てくる。
百科事典では、環境→環境問題→絶滅動物という絞り込みになっている。

『世界大百科事典』(平凡社)の索引「絶滅動物」 を提示する。

指示6:

「絶滅」という語句を見つけたら、赤で囲みなさい。

第何巻の何ページにあるか確認した。
そして、そのページを印刷したものを配布した。

指示7:

絶滅を速めているものは何か、書いてあるところを見つけたら、赤線を引きなさい。

「このような動物の絶滅にはさまざまな要因が関係するが・・・」で始まる百字程度の文章が載っている。

このような動物の絶滅はさまざまな要因が関係するが、その多くは、昔時の直接的な狩りつくしから、その後の生息場所の破壊、家畜動物の移入繁栄、その他の無計画な他の動物の移入といった人間活動の間接的な影響による。

(『世界大百科事典』(平凡社)「カンキョウ」)

多くの子どもたちはこれを見つけた。
見つけられなかった子が3名いた。

指示8:

要約しなさい。

ある子は、次のように要約した。
「絶滅は、狩りつくし、生息地破壊、家畜動物の移入、他の動物の移入という人間の活動がもとである。」

次にインターネットでの調査である。

指示9:

ノートに、入力した語句とヒットした件数を記録しなさい。

3 インターネット学習システム

【第三時】インターネットで調べる

指示10:

前の時間に入力した語句とヒットした件数を言いなさい。

① 絶滅→51件
②野生生物→33件
③絶滅生物→2件 
④絶滅動物→6件
⑤絶滅生物 原因→49件
⑥野生動物の絶滅→108件
⑦レッド・データブック→337件
⑧生物絶滅の原因→14件
⑨絶滅の原因→921件

指示11:

ノートにそのページを作っている人や団体の名前を書き、要約しなさい。

多い子で3つのページを見つけて要約していた。

【第四時】信頼できる資料を見つける

「野生生物」の検索結果(ヤフージャパン)15件 を提示する。

発問5:

信頼できるページを一つだけ選ぶとすれば、どれを選びますか。

指示12:

一つだけ○をつけなさい。

三分の一が環境省を挙げた。
ついで、市川市立自然博物館。
その次が、琉球大学の資料館を選んでいた。

説明3:

ここに挙げたページの制作者は、大きく5つに分けることができます。

発問6:

この中で、どれを選びますか。

指示13:

訳も書きなさい。

A 個人(0名)
B サークル、クラブ(1名)
C 会社(0名)
D 大学(1名)
E 国や県、市(14名)

「国がいろいろ決めたり指導したりするから」という理由が出された。
環境省の「インターネット自然研究所」に入り、要約させた。
ある子のノートである。

<なぜ絶滅するの?>
 森林ばっさいや埋めたてなどの開発による生息地の破壊や消滅、農薬などによる環境汚染が原因。

【第五時】複数情報を比較する

4名の要約を印刷したもの(別々のページを要約したもの) を提示する。

ノート1<絶滅の原因>
 森林ばっさいや埋め立てなどの開発による生息地の破壊や消滅、農薬などによる環境汚せんが原因になっている。

ノート2<動物の絶滅>
 ①最大の原因は熱帯林の破壊
 ②生活かんきょう破壊や悪化
 ③乱獲
 ④山の切り崩し、湖沼や河川の埋め立て(コンクリート化)
 ⑤ゴルフ場、リゾート、コンビナートなどの開発

ノート3<野生生物の減少>
 生息環境の破壊や悪化、乱獲、侵入種の影響、えさ不足、農作業や家畜に対する被害防止のための殺害、偶発的な捕獲、熱帯林の 減少である。

ノート4<絶滅の原因>単位:%(百分率)

             哺乳類   鳥類  は虫類  両生類
生息環境の悪化     19    20     5    100
乱獲             23    18    32      0
その他           20    22    42      0
不明              2     3     0      0
合計            100   100   100    100

指示14:

同じキーワードに赤線を引きなさい。

「環境おせん」「森林ばっさい」「乱獲」「生息地の破壊や悪化」「農薬」「埋め立て」「侵入種」の7つが出された。
これらを、次のように整理した。

A 環境おせん、生息地の悪化、農薬
B 生息地の破壊、森林ばっさい、埋め立て
C 乱獲
D 種の侵入

指示15:

「□が絶滅を速めている。」という文にまとめなさい。

子どものノートを示す。

森林ばっさいや、生息環境の破壊、埋め立てなどが絶滅を速めている。

①人間が侵入種を入れることで絶滅を速めている。
②人間が乱獲することで絶滅を速めている。
③人間が森林伐採することで絶滅を速めている。
④人間が埋め立てることで絶滅を速めている。
⑤人間が環境汚染で絶滅を速めている。

①森林のばっさいが絶滅を速めている。
②環境おせんが絶滅を速めている。
③埋め立てが絶滅を速めている。
④破壊や環境悪化が絶滅を速めている。  

①環境おせんや農薬が絶滅を速めている。
②埋め立てなどの生息地の破壊が絶滅を速めている。

①環境を農薬などで悪化させることが絶滅を速めている。
②生息地を森林ばっさいや埋め立てて破壊することが絶滅を速めている。
③ 乱獲などのとりつくしが絶滅を速めている。
④侵入種の影響が絶滅を速めている。

Copyright (C) TOSS All Rights Reserved.
TOSS(登録商標第4324345号)、TOSSランド(登録商標5027143号)
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド