TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/02/16 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1150143 更新:2012年11月06日

授業開き (中1 英語 2日目 6つめのパーツ フォニックスを用いてアルファベットの書き方練習)


中学1年 英語 授業開き(2日目 6つめのパーツ フォニックスを用いてアルファベットの書き方練習)

中学英語に初めて出会う中1にとって、最初の3日間の取り組みは特に重要である。2日目の実践。7つのパーツのうち6つ目のパーツでフォニックスを用いてアルファベットの書き方練習。All in Englishで、リズムとテンポよく授業を行う。

前パーツで使っていた教科書から頭を切り替える。

Close your textbook.

教科書を閉じる動作を示す。

Open your Phonics to page 4.

2ページを開いて、PhonicsのアルファベットやJingleを聞いたり歌うのもよい。

We will study how to write Alphabet.

空書きを英語で指示。

Finger.

フォニックス4ページは開いてすぐに書く練習をするページだと分かる。
生徒は鉛筆やシャーペンを持つ。

書く活動の前に空書きするので、"Finger,up."と繰り返し、全員指を上げさせ、そろえる。

"One two three."

といって大文字Aの書き順を示す。

場所は黒板やや左側で生徒を背にし右手を使う。

首を振り後ろを向いている。

この体勢で生徒自身がやることをしめす。

短い線の時などは短く言う。

(例 twoの言い方を「とぅーー」や「とぅ!」という風に変える。)

3回繰り返す。

OK. Please write.

フォニックスに書くように促す。

Fifteen,fourteen,thirteen,・・・・・three two one, stop!!

1文字6個書くので15秒がテンポが良い。

早い子はほめる。

"Very fast. Great."

遅い子を待たずに指を上げるように促す。

Finger.

Next is small a.

空書きを3回繰り返して、15秒フォニックス帳に書く動作を繰り返す。
テンポよくすすめる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド