TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/23 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9532213 更新:2012年12月25日

前の時と比べて良くなったことを褒めよう


子どもたちを毎日褒めたいと思い、帰りの会の短い時間で子どもを褒める時間を設定している。
次のように子どもたちを褒めている。

今日の国語の時間です。教科書をしっかりと立てて、音読できていましたね。

これでも褒めていることになるが、子どもには響かない気がしていた。
どうも、しらじらしい感じがする。

これを次のように言い換えて見ると良い。

4月の時と比べると教科書をしっかりと立てて、音読できていますね。
すごいね。成長しているね。

これだけで、子どもの成長を実感させてやることができる。

さらにこのことを応用して、帰りの会で次のように褒めてみた。

今日の国語の時間です。少し課題が難しくてなかなかできない子が多かったね。
でも、それに対して文句を言ったりする子が一人もいませんでした。
なかには休み時間も頑張ってやっている子がいました。
先生が言ったことを本当に素直に頑張ってやっていますね。
君たちを5年生から見ていますが、そういう素直さは本当にずっと変わらないですね。
中学行ってもその素直な心を大切にしてくださいね。

このように、ずっと継続していることも入れて褒める。
これだけで子どもの表情が変わったのが分かった。いつもより真剣に聞いていた。

① 子どもの成長を褒める
② 子どもがずっと頑張っていることを褒める

この2点が子どもに響くと感じている。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド