TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/16 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2518519 更新:2012年12月25日

中学校1年生 初めて学習する柔道の授業シリーズ⑦(横転受け身)


学習指導要領に、前まわり受け身も学習内容として記載されている。
しかし、部活動で、中学校から柔道を始めた1年生にすら教えることが大変な「前まわり受け身」を、授業で、初めて柔道をする生徒複数に教えるとなると、さらに大変さが増す。また、見本を見せて、各自で練習などさせると、怖がって何もしない生徒が多く出てしまう。
そこで、これまでは、前まわり受け身の失敗例とされていた受け身を、全日本柔道連盟が「横転受け身」として推奨している受け身の練習を導入に用いる。

指示1:

ミニハードルをまたいで、右ひざ、右肘をつけなさい。
そのまま、側転をするようにまわりなさい。

この練習を3回させる。
練習する時は、4つ程度のコースを作り、右端のコースから、順に、練習させる。
少しの間をとることで、教師が「まわる方向」について評定することが可能になるからである。

指示2:

次は、回った後に、左手で受け身をとりなさい。
3回練習します。

___
___
___
___

説明1:

この受け身を「横転受け身」と言います。
以前は、前まわり受け身の失敗した受け身と言われていましたが、より安全な受け身として見直されています。
全日本柔道連盟が発行した「柔道教本」にも紹介されています。

指示3:

「横転(おうてん)受け身」
行ってみなさい。

・横転受け身

指示4:

できるようになった人は、中腰の姿勢から練習してみなさい。
膝、肘、お尻の順でつくんですよ。

___
___
___
___

0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド