TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/16 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5525076 更新:2012年12月24日

中学校1年生 初めて学習する柔道の授業シリーズ⑥(横受け身)


指示1:

足を延ばした状態から左側に横受け身をします。 【写真1】【写真2】【写真3】【写真4】
(右組み同士で投げられる場合、左手で受け身をするからです。)

__
__
__
__

個別評定① 右足が前。左足が後。卍のような形になっているか。

個別評定② 受け身をする左手が体幹から30°くらいの距離にあるか。

個別評定③ 受け身をした後に、右手は帯の結び目のところにあるか。

個別評定を行う時のポイントは、一時に一事の原則に従って、1回の評定で見るポイントは1カ所に限定する。
〇か×がだけを短くいう。
そのために生徒が一斉横受け身をした状態で、評定することもできるが、一人一人、ウェーブのような流れ(または、シンクロのように同じテンポ)で行わせ、テンポ良く評定することもできる。

【悪い例】
足が交差している。・・・投げられた時、膝と膝が重なって人体を痛める原因になる。
受け身をする手が反対になっている。
受け身をした時、体幹との角度が90°になっている。
このような状態を最初の指導で、ある程度直してあげる必要がある。

指示2:

最初に、受け身をする方の手をあげる。 【写真5】

__

指示3:

受け身をする方と同じ方の足を一歩前にだす。  【写真6】

__

指示4:

左足を右方向に移動させて、左手で受け身をする。  【写真7】【写真8】

__
__

0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド