TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/12/11 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1948924 更新:2012年12月25日

金属の切断を指導する


金属の切断を指導する

材料へのけがきが終わったら、次は、切断である。弓のこの刃の取り付け向きがポイントである。

準備品:弓のこ(生徒分)弓のこの替え刃

■作業名と道具の名前を覚える■

指示1:

ノートの新しいページを開きます。
今日の日付けを書きます。

指名する。

指示2:

ノートに「切断」と書きなさい。

指示3:

教科書45ページを開きます。
下のほうに、板材の切断と書いてあります。金属の板材は、というところからみんなで読みます。
さんはい。

説明1:

通常、金属の板材は、3図にあるような金きりばさみ、という道具を使います。しかし、みんなが使う材料は3.2ミリもあるので、金切りばさみでは切れません。そこで、教科書を1枚めくります。
46ページ。6図。の弓のこという道具を使います。

指示4:

ノートに「弓のこ」と書きなさい。
次に、弓のこの絵をかきます。はじめに、このようにフレームを書きます。フリーハンドで書きます。
次に絵を描きます。
最後に刃をこのように書きます。

■弓のこの刃の向きを問う■

発問1:

さて、弓のこは、押すときに切れます。(弓のの刃を配る)
弓のこの刃に向きがあるのがわかりますか。わからない人は挙手。

発問2:

A、B、二つの向きがあります。(黒板に刃の向きを変えた図を書く)どちらが押すときに切れるのですか。
      Aだと思う人。Bだと思う人.

説明2:

正解はAです。弓のこの刃はこのようにつけます。新しく弓のこの刃をつけたあとで、先生のチェックを受けてください。刃が逆付いていると切れません。

■実際に教師が切断をしてみせる■

 先生の周りに集まります。
 まず、材料をしっかり、万力に固定します。自分の材料を固定します。
 次に、弓のこをもてきます。
 弓のこは、右手で柄をもち、左手で、フレームを持ちます。やってみます。ハイ、どうぞ。
 次に、切断のはじめは、左手の親指を案内にして、軽く材料に溝つけます。
 溝が付いたら、このように体全体で、弓のこ押します。

このあと、作業に入る。今後は、切断で気になることは、作業を中断し、1つずつ指示していく。
 わたしは、次の点を1つずつ指導していった。
   ・左手の位置
   ・材料の水平
   ・押すときに力を入れること
   ・一気に腕だけで動かさない、リズムを押すときのリズムを作ること
   ・足の位置


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド