TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/24 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8001388 更新:2012年12月25日

二人の源蔵


「FLASH」で作成した授業サイトがあります。ご希望の方は、メールでご連絡ください。

島津源蔵。
現在の島津製作所の創業者です。
父親の島津源蔵は、「西洋鍛冶」として日本の近代化に貢献します。
息子の2代目島津源蔵は、取得した特許は、12カ国178件にのぼります。
1930年に十大発明家に選ばれるほどでした。
この授業では二人の理科教育にかけた思いを中心に、レントゲン器械(X線)の作成時のエピソードをからめながら、二人の「西洋に負けない」という気概に迫ります。

説明1:

明治時代。外国の新しい技術が日本に入ってきます。

発問1:

これは何ですか。(蒸気機関車)

発問2:

これは何ですか。(自動車)

発問3:

これは何ですか。(電話機)

指示1:

人々は驚き、こんな言葉も生れました。「上等舶来」読みます。

説明2:

外国から来た物はすごいという意味です。

説明3:

ある親子の会話です。
子ども。なぜ日本人はこんな機械をつくれないのですか。
父親。つくれないんじゃない。・・・・・・・

発問4:

あなたなら、何と答えますか。ノートに書きなさい。

説明4:

勉強した人がいないだけだ。
父の名は島津源蔵。お寺で使う道具を作る職人です。
源蔵は、自ら西洋の機械を作り、販売しようとします。

発問5:

そんな源蔵を、周りの人はどう見ていたと思いますか。

指示2:

○さん、読んでごらんなさい。「親戚朋友之ヲ狂視ス」・・・あいつ、おかしいんじゃないか・・・・

説明5:

源蔵は、理科の授業で使う実験器械を作り、販売する仕事を成功させていきます。

説明6:

源蔵が亡くなり、息子が2代目の島津源蔵となります。
ある日、世界中が驚くこんなニュースが飛び込んできました。
レントゲン博士によるX線の発見。

発問6:

この知らせを聞いて、源蔵はどうしたと思いますか。

説明7:

日本で初めて、エックス線による写真撮影に成功します。

説明8:

しばらくして、病院用のレントゲン器械が輸入されるようになります。

発問7:

次に源蔵は何をしたと思いますか。

説明9:

国産第一号のレントゲン機械をつくります。

説明10:

源蔵は、レントゲン機械を作るだけでは駄目だと考えるようになりました。

発問8:

次に源蔵は何をしたと思いますか。ノートに書きなさい。

説明11:

レントゲンを扱う技術者を育てる学校をつくったのです。

説明12:

外国の技術が紹介されるたび、源蔵は次のように言いました。

発問9:

何何にできて、何何にできないはずはない。分かる人?

指示3:

一緒に読みます。

説明13:

上等舶来。現在は死語。ほとんど使われることはありません。

発問10:

これは何を意味していますか。

参考文献
『島津の源流』島津製作所(非売品)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド