TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/18 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7953990 更新:2012年12月25日

授業開きで、評価基準の説明を行え


授業開きで、評価基準の説明を行え

説明1:

中学3年生は中学の最上級生である。その3年生が一番気にしていることは進路である。技術・家庭科の評価がどのようにされるのか授業開きで話す。1年間何を評価されるのか理解させ、授業に入る。

4月授業開き。3年生には、技術科の評価基準を説明する。以下のように説明した。

■相対評価から絶対評価へ■

昨年から、評価が変わりました。相対評価から絶対評価に変わったのです。
 それまでは、クラスに30人いたら、5が2人、4が7人、3が22人というふうに、評定の人数が決まっていました。昨年からは違います。
 昨年からは、100点満点のテストで、65点以上ならば3、75点以上ならば4、85点上はみんな5、というふうに、基準を超えていれば、みんな5ということもあるのです。
 このような評価を絶対評価と言います。今年もこのようにやります。

■評価の観点を知らせる■

評価は次ぎのように行います。
 技術・家庭科は、技術と家庭科で1つの教科です。ですから2つで100点です。技術だけ良くても、家庭科だけが良くても良い評価はもらえません。
 技術科は4つの観点で点数をつけます。合計が50点です。
 1つ目は、関心・意欲・態度です。これは、出席、服装、ノートの内容などを見ます。 2つ目は、生活を創意工夫する力です。これは、テストのときにみんなに書いてもらいます。作業の工夫、デザインの工夫、など製作の過程で自分が工夫して取り組んだことを書いてもらいます。
 3つ目は、技能です。これは、道具の使い方、作業正確さ、効率のよさ、を評価します。
 最後に、知識・理解です。 これは2回のテストの点数です。
 この4つの観点で技術の成績を出します。

 

■最後に質問を受け付ける■

最後に、「質問がある人はいませんか」と聞いてあげればいい。 観点別の配点などは言えないが、何を1年間、評価されるのか、生徒には是非知らせておきたい。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド