TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/17 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1301008 更新:2012年12月25日

特攻隊


発問1:

すし、すもう、歌舞伎。
これらは英語になった日本語としてアメリカの辞書に登録されているものです。
他にどんな言葉が載っていると思いますか。

発問2:

(しゃぶしゃぶや生け花などがあることを紹介)
そのうちの一つ。「KAMIKAZE」これはもとはある人たちの事を表した言葉です。
何という人たちだったか知っている人はいますか。

説明1:

神風特攻隊。正式名、神風特別攻撃隊。
かつて行われた戦争において、爆弾を積んだ飛行機に乗り、敵の軍艦に命もろとも突っ込んでいった人たちです。そのあまりのインパクトから今でも使われているのです。では、なぜこのような作戦をとったのか、勉強していきます。

発問3:

この当時、アジアの国々のほとんどは、圧倒的な武力の前に欧米諸国の植民地化にありました。
これに唯一抵抗してきた国が、どこですか。
(日本)
入して下さい

説明2:

しかし、その日本も1941年アメリカとの戦争に引きずりこまれます。日本はアメリカの圧倒的な物量を前に、エネルギーも資源も尽き果て窮地に追い込まれました。その時に決行されたのが特攻作戦だったのです。

発問4:

特攻は「神風」だけではありませんでした。
ボートで特攻する「○レ艇」海中を特攻する「回天」など。これらの特攻で命を落とした人の数。どのくらいいたと思いますか。
(約6000人)

説明3:

このような作戦に対して、今もなお「無駄死にだった」「無理やりやらされた」という非難の声があります。実際はどうだったのか考えてみます。
特攻が行われた背景には様々な理由があります。例えば以下のようなものです。
①すでに優秀なパイロットを多数失っていた。
②物資が不足し、武器がなかった。
③有効な攻撃手段が他になかった。

発問5:

4つ目にはどんな理由があると思いますか。
(敵軍の日本本土上陸を避けるため)
アメリカとの戦争において各地で戦いを行ってきた日本。しかし、日本本土での闘いだけは避けたかったのです。なぜだと思いますか。

説明4:

かつて本土決戦が行われた例があります。アメリカ対フィリピン、この戦いで軍だけでなく民間人にも多数の犠牲が出ました。
もし、これと同じことが日本で行われたらどうなりますか。
(日本の国民に犠牲が出る)
そのようなことが予想されたため、彼らは自らの命を張って食い止めていたのです。

指示1:

彼らが残した遺書を見てみます。

俺たちの苦しみと死が俺たちの父や母や弟妹たち、愛する人たちのために、たとへわずかでも役立つならば。陸軍少尉 長谷川信(23歳)

発問6:

彼らは何のために戦ったと思いますか。

指示2:

では最後に彼らを見送った人々の思いを考えてみましょう。

発問7:

(靖国神社に奉納されている花嫁人形写真を提示)
これは特攻隊員ともに靖国神社に納められている人形です。誰が納めたと思いますか。

説明5:

送ったのは彼らの母親です。当時、ほとんどが結婚前の20代だった特攻隊員。せめて、花嫁人形だけでもと送ったのです。

説明6:

「特攻」という作戦は間違っていた部分もあるはずです。
それについても考えていきましょう。
しかし、かつてこの日本を守るために命をかけて闘ってくれた人びとがいたことは事実なのです。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド