TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/02/27 現在)

21375
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7288251 更新:2012年12月23日

作業学習は「授業の原則十か条」を意識しろ


作業学習は「授業の原則十か条」を意識しろ

向山洋一先生がいう「授業の原則十か条」は常に、意識して授業を行う必要がある。中学、技術・家庭科の授業では特に重要である。

■授業の原則十カ条■

 「授業の原則十か条」を意識していると、作品の出来栄え、作業効率、技能の定着に大きな違いができる。念のために「授業の原則十か条」を示す。テキストを記入して下さい

「授業の原則十カ条」
 第一条 趣意説明の原則
   指示の意味を説明せよ。
 第二条 一時一事の原則
   一時に一事を指示せよ。
 第三条 簡明の原則
   発問・指示は短く限定して延べよ。
 第四条 全員の原則
   指示は全員にせよ。
 第五条 所時物の原則
   子どもに活動させるためには、場所と時間と物を与えよ。
 第六条 細分化の原則
   指導内容を細分化せよ。
 第七条 空白禁止の原則
   たとえ一人の子どもでも空白の時間をつくるな。
 第八条 確認の原則
   指導の途中で何度か達成率の確認をせよ。
 第九条 個別評定の原則
   誰が良くて、誰が悪いのか評定せよ。
 第十条 激励の原則
   常に励まし続けよ。
            向山洋一著「授業の腕をあげる法則」明治図書より)

■原則に貫かれた指示■

「子どもを動かす法則」(向山洋一著、明治図書)に校庭の石を子どもに拾わせる時の向山先生の指示が載っている。
 それを「授業の原則十カ条」に当てはめてみる。

 指示1 これから校庭の石を拾います。石はこのバケツにいれます。

指示1には、次の原則が見られる。趣意説明の原則、一時一事の原則、簡明の原則、全員の原則、所時物の原則、細分化の原則。

指示2 一人30拾います。5分だけ拾います。5分拾ったら笛を吹きます。

指示2には、次の原則が見られる。全員の原則、簡明の原則、細分化の原則。

 指示3 終わったら教室に入ります。(ここまで言ったら質問を受ける)

指示3には、次の原則が見られる。確認の原則、細分化の原則、空白禁止の原則。

 作業後、まじめに仕事をした、授業では目立たない子をほめる。という。ここには、個別評定の原則、激励の原則がある。
 このように、生徒への作業指示は、常に「授業の原則十カ条」を意識する必要がある。
 子どもが動く授業はこのような原則に貫かれているともいえる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド