TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/17 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2251854 更新:2012年11月07日

時間短縮!スライドショー作りのポイント


説明1:

スライドショーを短時間で作る効果的な方法がある。

写真の取り方がポイントだ。
「最初からスライドショーを作るつもりで写真を取る。」のだ。

説明2:

この間学校行事で各学年1クラスずつの公開発表があった。
広報担当だったので、1年生~6年生までの6学年分の写真を取った。
決めていたことがある。
①クラス3分以内に移動する。
②1→6年の後は3→2→1年  6年⇒5年⇒4年で回る。
③写真は5枚前後に統一すること
④最後にいい写真の少ないクラスを回ること

説明3:

①クラス3分以内に移動する。
②1→6年の後は3→2→1年  6年⇒5年⇒4年で回る。

これで2回クラスを回っても36分である。最後の5分を写真の少ないクラスに回って取ることができる。
また授業の導入の場面を取った1~3年生は展開の中心部分を。4~6年生は中盤と後半の部分で違う場面を取ることができる。

説明4:

③写真は5枚前後に統一すること
④最後にいい写真の少ないクラスを回ること

写真は同じ位の枚数で取っているので、枚数に差はない。
いい写真が少なかった所の分は若干削除して、最後に足せばいい。

説明5:

そして11:40授業終了、

①パソコンを開く。
②ムービーメーカーを開く。
③写真をそのままスライドして貼り付ける
④音楽を入れる。
⑤自動場面切り替えの設定をする。
⑥1枚のスライド時間を4秒に設定する。
ここまでで11:55

後は若干の写真の修正や入れ替え、タイトルやエンディングの作成を作成して12:15頃には
係の主任の先生へ
「スライドショー出来ました!」

と伝えることができた。

説明6:

同様のことを校外学習の下見でもしたことがある。
歩くコースを中心に、歩いて進んでいくように写真を取って行くのだ。

そうすると写真を入れ込むだけでスライドショーを子どもに見せることができる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド