TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/21 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1133020 更新:2012年12月22日

酸素の中で鉄線を燃やす実験を成功させる4つの秘訣


6年・理科 ものの燃え方と空気
酸素の中で鉄線を燃やす実験を成功させる4つの秘訣

              2006年9月17日更新 TOSS長崎 善能寺 正美    

 

 酸素の中で細い鉄線を燃やす実験。
子どもは大好きである。
心ゆくまで何度でも実験させたい。

  透明なびんの中で、二酸化マンガンとオキシドールを使って酸素を発生させる。
 その中に、細い針金の先にくくりつけたマッチ棒に火を付けて入れる。
 すると、燃え尽きたマッチ棒に続いて細い針金まで燃えるという実験である。

1133020-1

秘訣1 マッチ棒は半分に折って使う

そうしないと、マッチ棒が燃えるために酸素が使われてしまい、鉄線まで燃えなくなってしまう。

秘訣2 なるべく細い鉄線を使う 

細い針金はホームセンター等で一袋60円程度で売って あるいちばん細い物を使う。

秘訣3 粉末の二酸化マンガンも用意しておく

 二酸化マンガンは、顆粒状のものをガーゼで包んだものと、粉末を用意しておく。顆粒状のものは酸素の発生を持続させるため。

 粉末状の二酸化マンガンは速効性がほしいときに使う。

秘訣4 オキシドールは十分に用意しておく

このような実験では、オキシドール(5%過酸化水素水)は十分に 用意しておかなければならない。

 面白い実験なので、子どもは何度でもやりたがる。

 5%のオキシドールを購入したのでは、お金がいくらあっても足りないので、
30%の過酸化水素水を5%に薄めて使う。
 こうすると、3000円と500円ぐらいの違いが出る。

 次のようなやり方では、おそらく、間に合わないであろう。

    (1) 30%過酸化水素水80CCを、水100CCと混ぜる。
    (2) これに、水を加えて500CCにする。 

私は次のようにして作った。

オキシドールを一度にたくさん作る方法

1133020-2

要するに、288ccの30%過酸化水素水に水を加えて1、8リットルにすると、5%過酸化水素水(オキシドール)ができるということである。

 288ccを測りとるための、専用の容器を用意したということである。
 この方法はずいぶん重宝した。 

  (1) 適当な瓶(私は焼酎「かのか」の空き瓶を使った)に、288CCの印をつける。

      最初だけはメスシリンダーを使って288ccをはかりとるが、次からは目盛りまで入れれば良いので、ずいぶん楽である。
メスシリンダーを倒して割ってしまう心配もない。
      この瓶は、過酸化水素水のはかりとり専用である。

  (2) この瓶に30%の過酸化水素水を(288CCの印の所まで)入れる。

  (3) あらかじめ1、8リットルのところに目盛りをつけておいた醤油のペットボトルの中に、(2)の過酸化水素水を入れる。
      何でもよいのだろうか、取っ手がついていたので使わせていただいた。

  (4) 醤油のペットボトルに水を加えて1、8リットルにすると、5%の過酸化水素水ができあがる。

なお、二酸化マンガンのかわりにレバーを使う方法(※※1)もある。

 また、ジャガイモをつかう方法もある。

追加

秘訣5 瓶は廃物を利用する

 この実験に使う瓶は、ポカリスウエットや1リットル入りオレンジジュースの空き瓶を使う。
 燃えた鉄が散らばり、びんの内側に当たると、そのまま刺さって瓶が割れることがある。
 このような実験に広口瓶のような高価なものを使うと、消耗品費がいくらあっても足りない。(と思うのは私だけでしょうか? このような消耗品を買う予算もふんだんにないのが現状だと思うのですが)

文献
※1 「酸素の性質はレバーにおまかせ」中村秀樹 第9期教育技術の法則化84 明治図書


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド