TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/04/22 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8897504 更新:2012年12月17日

3年「とうげ」で討論を仕組む


授業の流れ

<本時扱う物語の冒頭部>

 ある所に,三年とうげとよばれるとうげがありました。
 あまり高くない,なだらかなとうげでした。
 春には,すみれ,たんぽぽ,ふでりんどう。とうげからふもとまでさきみだれました。れんげつつじのさくころは,だれだってため息の出るほど,よいながめでした。
 秋には,かえで,がまずみ,ぬるでの葉。とうげからふもとまで美しく色づきました。白いすすきの光るころは,だれだってため息の出るほど,よいながめでした。

前時までに,6回程度の音読と,全文視写を行っておく。

指示1:

起立して,この部分を1回読みなさい。

この後,一文読み・一斉読を行う。

指示2:

この部分を読んで,気づいたこと・考えたこと・思ったことを,ノートに書きなさい。

5分後,ノートを持って来させて,目を通す。
 「指名無し発言」で,書いた意見を全部発表させる。

指示3:

出された意見について,言いたいことがある人は発表しなさい。

このようにして,まずは子どもに質疑応答をさせる。

発問1:

「よいながめ」というのは「三年とうげ」で見ているのですか。それとも,「ふもと」で見ているのですか。

ノートに,「とうげ」か「ふもと」かを書かせる。
 挙手で人数を確認した後,各々ノートに理由を書かせる。
 そして,人数の少ない方から,発表させる。
 <とうげ派>は,「後ろの方に『三年とうげにさしかかりました』と書いてあるから」等を理由としてあげてくる。
 <ふもと派>は,「後ろの方に『おじいさんはこしをおろして』と書いてあるから」等を理由としてあげてくる。
 両派の発表が終わったら,討論である。
 子ども同士では,結論が出ない場合が多い。
 そこで,参観者に発言を促してみる。
 よい意見が出ると,子どもから拍手が起こる。

発問2:

「峠」という言葉の意味は,何ですか。

辞書を引く子がいて,「山道を登り切って,ここを過ぎたら下りになるという所」等と説明する。

発問3:

下から見ているのだったら,「とうげがきれいだ」とは言わないでしょうか。

 「『山がきれいだ』となるはずだ」と言う子がいる。

説明1:

下から見ているのだったら,それは「山がきれいだ」「山がいいながめだ」と言います。だけど,そうではなくて,「とうげからふもとまできれいだ」って言っているのは,上から見ているから,そういうふうに言えるのです。

「下から見ているのだったら『ふもとからとうげまできれいだ』となるはずだ」と言う子もいる。
 ここで,さらに反論する<ふもと派>がいるはずである。
 一応,存分に意見を述べてもらった後,次のように言う。

説明2:

詳しく聞いてみたいので,作文に書いて出してもらおうかな。

これで爆笑となって,授業は終わる。


5回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド