TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/02/25 現在)

21482
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7998621 更新:2012年12月16日

虫歯を治そうを思わせる話


子どもが虫歯を治したくなるような話

                     構成  冨田元久

Q 虫歯を治そうと思わせる話を教えてください。

(参加者) 
虫歯のある子が,歯を治さなければと思う話を教えてください。
向山先生の書かれた本の中には,虫歯の治療率を上げるためには,
虫歯を治そうと思わせる話をすると書いてあったと思います。
その話を教えていただけないでしょうか。 
王選手がホームランをたくさん打ってたころ,歯をしっかりかみ合わせることができていた
という話をしました。でも,治療率は15%程度です。

(向山氏)
先生がクラスではなす事を,もう一回ここでやってください。
先生と私とを比べてみましょう。

(参加者)
みなさんは王選手という選手を知っていますか。
ホームランをたくさん打った選手です。
その秘訣というのはなんだか分かりますか。
実はね,歯がとっても丈夫だったんです。
ホームランを打つときバットにボールを当てるとき,
すごい力が掛かってくるんです。何キロ,何十キロという力です。
それに耐えられる歯を持っていることによって,王選手さは世界記録をつくったのです。

(向山氏)
スポーツをする子たくさんいますね。
スポーツをしていない子もいると思いますが,
虫歯がある子はそれだけでは治りません。
お説教の代表なんですね。

A お説教するんじゃなく語ればいいんです。事実を描写してやればいいんです。

(向山氏)
虫歯の検査が終わりました。虫歯があるっていう人手をあげてご覧なさい。
はい。虫歯についてお話しをいたします。

これがみんなの歯です。(板書)
)歯の下の方はね,こうやってこうなってる。
これが歯ぐき。
この歯ぐきの下にね,このように歯がいっぱいはいっています。
このまわり。これはね,堅いエナメル質。
世界で一番堅いような物質でできている。
だから,これがある限り, 
みんなの歯は30年でも50年でも70年でもみんなの歯は一生使える。
ただ,これが壊されちゃうと中はもろいんだ。
あっという間にだめになっちゃう。
みんな毎日ご飯やお菓子を食べたりするでしょ。
そうするとまわりにかすがついちゃう。
これは,水でやってもうがいをしても何をしてもなかなかとれない。
本当に薄いのが,少し少し,少し少し毎日ついている。
この上の方にもついている。そして,これが歯に穴をあけていく。

歯に穴があくのは最初はこのくらい。これをC1(カリエス・ワン)という。
最初の段階。神経はこう通っているから。
このように通っているからまだあんまりいたくない。
自分では気がつかない。大丈夫だ。
でも,もう穴があいちゃってる
。今年はじめて歯が悪いといわれちゃった人は,
みんなこういう状態。
この人は歯医者にいって治すと簡単だ。
歯医者さんはどうするかっていうと,
こうジー,ジー,ジーってやって,こういうふうに鉄の固いものをつめこんでくれる。
治すのに一日。一回いけば治っちゃう。治ればずーっとそのまま。
「いかなくていいやー」なんて思ってると,これは必ず広がっていく。

次の年。こうなって,C2(カリエス・ツー)。
これは痛い。神経に触れている。さわっている。
お水を飲むといたいなー。甘いもの食べるといたいなー。
これはもう2年目になってる。これほっといたってなおんないよ。
絶対に治らない。進むだけ。こうなっている人も,みんなの中に3人いた。

でも,この人はなおしに行って,お医者さんに行くと
ここまたジー,ジー,痛いとこちょっととってくれる。
こういうふうになおして,これまたつめてくれる。
まあ,3回ぐらいかかるかな。
しょうがない。1年ほっといたんだから。
3回ぐらい行って治してらっしゃい。

でも,痛いのがまんして,へっちゃらだ。そのうち何とかなる。
へっちゃらだよ。そのうち何とかなる。
次の年,こうなっている。C3(カリエス・スリー)。
これは痛い。ときどき歯がふくれ上がる,
こうやって。膿や血がはからこうやって出てきたりする。
物を食べると・・。これは痛い。痛いけどお医者さんにいかなけりゃ治らない。
行って,ジー,ジーっとこういうふうに治して。
いっぺんにできない。今日はこっちの方向。神経抜かなくちゃなんない。
この痛いの。痛い神経を抜き。
そして,これをようやっとなおせるときには金属を上からかぶせる。
これそうね。人によって違うけど,5回から10回ぐらい必要だ。
まあ,自分がさぼっていたんだからしょうがない。
1年に一つずつ確実に進んでいく。今年C1の人は来年C2。その次はC3。

今年ほっといた人は来年C4(カリエス・フォー)
どうなっているかというと,こうなっている。
ぼろぼろ。歯がかけ始める。これはしょうがない・・・。
抜くほかない。ペンチみたいのでね。ぎゅってやってね。
麻酔をして口開けてね。
歯のところに,ここんとこ,このペンチでこうやってやるんだよ。
これ全部抜くの。ギィーーってやって。抜くほかない。
ここまでに丸3年。うん。あのーいいよ。ほっといてごらん。
こうなるから。間違いなくこうなるから。
歯を一本抜かれて,隣の歯も抜かれる。
もう一回言うよ。最初はほとんどみんなC1。
これ行けば一日でなおる。ジーってなおしてくれる。
もう,そのままずーと大丈夫でしょ。
ほっとけばこうなる。自分で決めてごらんなさい。

次の日,次の日,その次の日。先生行って来ました。
なおしました。山ほどいる。なんとかちゃんよかったねー,
今度行く必要ない。なんとかちゃんよかったねー,
なんとかちゃんよかったねー。まなえさんまだやってなかったの。
まなえさんこうなるねー,なんて。

(向山氏)
どっちの方がいかなくっちゃいけないと思いますか。
向山の場合ですね。お説教するんじゃなく語ればいいんです。
事実を描写してやればいいんです。説明してやればいいんです。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド