TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/01/22 現在)

21377
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7943058 更新:2012年12月16日

Google SketchUp を 使いやすく設定しよう


Googl SketchUp(グーグルスケッチアップ)は、誰でもかんたんに使える3D作成ソフトです。
インターネット上で無料配布されています。 使いやすいように、画面の設定を変更する方法を紹介します。

説明1:

デスクトップの画面上にある、スケッチアップのショートカットアイコンをダブルクリックしてください。

説明2:

下のような、スケッチアップの画面になります。 

Sketchup24

説明3:

上のメニューのから  『 ウィンドウ 』 → 『 環境設定 』 の順にクリックします。

Sketchup31

説明4:

「システム環境設定」 の画面が表示されます。

説明5:

左側の 『 OpenGL 』 をクリックします。 右側のチェックマークを全て外します。

Sketchup32

説明6:

左側の 『 テンプレート 』 をクリックします。 図面テンプレートから 『 メートル_ミリメートル-2D 』 を選択します。

説明7:

『 OK 』 をクリックします。

Sketchup33

説明8:

スケッチアップの最初の画面にもどります。

上のメニューから  『 ファイル 』 → 『 新規 』 の順にクリックします。

Sketchup34

説明9:

下のような画面になります。 平面図です。 今後、この画面から作業を始めることができます。

Sketchup35

以上です。

スケッチアップは、3Dの立体を作るソフトです。
教師が使うときも、子どもが使うときも、いきなり3D画面での作図は難しいのです。
だから、このように 『 平面図 』 から始めることで、紙の上に描くのと同じようにすすめることができるのです。

どうしても、元に戻したい場合は、
手順6 のところで、 『 メートル_ミリメートル-3D 』 を選択すると、いつでも元にもどすことが出来ます。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド