TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/04/22 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2371965 更新:2012年12月16日

漢文句法指導の基本~「受身」を例に


ワークブック「力をつける漢文」(数研出版)を用いて受身の句法を指導した。

指示1:

あとについて読みます。「吾三たび君に逐はる。」

「吾三たび君に逐はる。」「後母の苦しむる所と為る。」「斉に重んぜらる。」の3つを扱う。

指示2:

白文で読めるようになったら座ります。全員起立。

音読テストの要領で,覚えたかどうかのテストをする。

終わったら,背景となる文語文法を説明する。

「【逐は】る」,何形ですか。(未然形)

説明1:

受身をあらわす「る」は,未然形につきます。

発問1:

先生問題1
見 食

何と読みますか。(食はる。)

発問2:

先生問題2

見 放 逐 。

何と読みますか。(放逐せらる。)

説明2:

未然形が「ア段」でないときには,「らる」と読みます。

同様に,活用形の確認はしておく。
「苦しむる所」→「所」の前は連体形 など。

練習問題に入る。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド