TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/19 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2400002 更新:2012年12月16日

歌の個別評定をする方法


歌の個別評定をする方法   

 

                         善能寺正美

 

向山洋一先生は、阿波踊りの指導の時に、個別評定をしています。

有名な実践です。

一人一人の踊りに点数をつける方法です。

私は、この方法を歌の指導に応用しました。

歌の指導の場合、「一人残らず歌っていることが大切だ」と向山洋一先生は言います。

「歌いなさい」と言っても歌わない子供はおります。

ですから、私たちは、子供が歌わざるを得ないシステムを作る必要があります。

すぐには効果は現れません。

しかし、彼らは毎時間、成功をします。

そうすると、子供はやる気になります。

私は、次のように指導しました。

  1 小グループで練習させました。
 2 グループごとにテストをした。
 3 合格するまで何回でもテストを受けさせた。
 4 1回目と2回目が不合格なら3回目は一人でテストを受けさせた。
 

大切なことが3つあります。

 1 「今日は」という条件で合格させる
 2 その日のうちに全員を合格させる
 3 (他の子が見ていないところで)簡単に合格させる
 

このような指導をつづけてみてください。

すると、すべての子供が歌います。

 

授業の様子です。

歌の練習としては、もう、仕上げの段階です。


指示1:

 私はグループごとにテストをするつもりです。
 どうぞ、練習をしておきなさい。

3分~5分ほどすぎました。

指示をしましょう。

指示2:

     どうぞ、席に座ってください。
    どこかのグループは歌いたくありませんか?
    どうぞ、前に出て来て歌って下さい。
    合格したら、どうぞ床に座ってください。
    あなたは、3回目からは一人で歌わなければなりません。
    どうぞ、前に出てきてください。
 

動作が遅い場合は、次のように言いましょう。

指示3:

   10秒以内に歌が始まらなければ、次のグループが先に
   歌います。
     その場合、1回目は不合格となります。
 

子供は伴奏無しで歌うと良いです。

この方法ですと、子どものハーモニーが良く聞こえます。

曲は「ひろい世界へ」(高木あきこ作詞・橋本祥路作曲)である。

卒業式で、卒業生が歌う歌です。

6人程度のグループで2パートに分かれます。

しばしば、男子のグループは歌いません。

そういう時に、「2回合格しなかったら一人で歌ってください」という条件が効きます。

指示4:

    よし。
    あなたは今日のところは合格しました。

ほとんどのグループが合格できます。

しかし、指導が必要なグループは合格させません。

この場合、子どもに恥ずかしく思わせてはなりません。

子どもが歌っている最中でも、あなたは「合格」や「不合格」と言っていいです。

指示5:

     残念でしたね。
     あなたは1回目は不合格でした。
 

次どうぞ。

子どもたちはテストの様子を真剣に見ていました。

チャイムが鳴ると、授業を終わります。

しかし、まだ、一つだけグループが合格していません。

私は、そのグループだけを残しました。

そして、私は指導をしました。

私は彼らを合格させなければなりません。

彼らが気合を入れて歌えるなら、彼らは合格になります。

もしも彼らが合格しなければ、彼らは今度は一人ずつで歌わなければなりません。

どうぞ、彼らに一人ずつ歌わせなさい。

あなたが思ってもいなかったようなきれいな声で歌う子どもを発見する幸運をあなたはつかむかもしれません。

そういう時にはあなたは「とってもきれいな声ですね」と誉めるべきです。

この時に大事なのは、他の子どもがその場にいないということである。

ほとんどの子は、授業中に大勢の人に見られて一人で歌うのは恥ずかしいと思っています。

しかし、彼らはだれも聞いていなければ歌えると思っています。

このように大目にみてやって合格させることが大切なのです。

あなたがこの方法を実行すれば、その日のうちに全員の子どもを合格させることができます。

このような指導を繰り返しましょう。

子どもの成功体験を増やしていきましょう。

The method which does the independent rating of the song.

[To japanese ]
masami zennoji

 

When he instructing Awa dance, Mr Yoichi Mukoyama is doing an independent rating.

It is famous practice.

he gives a score to each dance.

I applied this method to teache songs.

When a song instructs it, Mr Yoichi Mukoyama says "It is important that all child is singing."

There is a child who doesn't sing even if it says "Sing.".

Therefore, we must make the system which a child cannot but sing.

Effect doesn't appear soon.

But, they do a success every time.

Then, a child becomes a will.

I instructed it as follows.

 

1 It was made to practice it in the small group.

2 A test was done in every group.

3 Until it passed, it was made to take a test even how many times.

4 It was made to take a test alone the third time if the first time and the second time were    disqualified.

 

There are three important things.

 

1It is made to pass on the condition of "today".

2 All of the members is made to pass in the day.

3 let them pass easily, when no one can see them.

 

Try to continue such guidance.

Then, all children sing.

It is the state of the class.

It has already been the grade of the finishing as a practice of the song.


 

instructions 1    I will do a test in every group.

          Please, do practice.

 

It passed for about 3 minutes-5 minutes.

Let's do instructions.       

 

instructions 2  Sit on the seat, please.

         Don't you want to sing any groups?

         Come out to the front, and sing, please.

         Sit on the floor if you pass, please.

         You must sing alone from the third time.

         Come out to the front, please.

 

Let's say as follows when a movement is late.

 

instructions 3

       The next group sings first if a song doesn't begin within 10 seconds.

       In that case, it becomes disqualified once.

 

it is good when child sings without an accompaniment.

in this method, child's harmony can be heard well.

A tune is ( song writing :Takagi akiko・ composition :Hashimoto syouji ) "To the future world".

It is the song which a graduate sings at the graduation.

It is divided into 2 part in the groups of about six people.

Often, a boy's group isn't sung.

The condition of " please sing alone if you don't pass twice." is effective to the boy's group.

 

instructions 4  all right.

        You passed today.

 

Most groups can pass.

But, the group which guidance is necessary for isn't made to pass.

In this case, you must not make it think that a child is ashamed.

Even while a child is singing, you may say a "success" and "failure".

 

instructions 5  It was disappointed.

 

You were disqualified once.

the next, please.

Children were watching the state of the test seriously.

When chimes ring, a class is finished.

But, only one group hasn't passed yet.

I left only the group.

Then, I did guidance.

I must make them pass.

They become a success if they can sing with fight .

If they don't pass, they must sing alone next time.

Please, let them sing only one.

You may take the good fortune which discovers the child who sings in a beautiful voice which even you didn't think.

You should praise at such time " it is a beautiful voice.".

It is important that other children are not in the place at this time.

Most children think that it is shameful to sing alone seen by many people in class.

But, they think that they can sing if no one is hearing .

It is important to overlook them.

If you take this method, all child can pass in the day.

Let's repeat such guidance.

Let's increase child's success experiences.

 

Literature.

"the principles of improveng teaching skills" yoichi mukoyama(published by meiji tosho co.)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド