TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/04/25 現在)

21395
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6026323 更新:2012年12月16日

宿題の出し方・チェックの仕方


ポイント1 年間の計画を立てておく。

たとえば,「毎週月曜日に提出」などとしておき,半年や1年でやりきれる量の副教材を購入する。
「連休だから何か宿題を考えよう」とするとその都度大変だが,最初から計画があれば,システム通りの宿題をやってくるよう指示すればよいので,生徒も教師も楽である。

ポイント2 チェックはその場で行う。

職員室に持ち帰ってチェックしようとすると,精神的にも負担が大きい。

授業中に生徒に何かをやらせている時(音読・視写など)に意地でも済ませてしまうとよい。
その授業中に返すことができれば,返却忘れはなくなる。

ポイント3 どうしても返却が遅れたときは,気づいた時に。

返却できなかったゆえに宿題ができないという事態は避けたい。
よって,授業がなくとも,何かのついでに休み時間の教室へ行き,早めに返す努力をする。

ポイント4 予備の期間を設ける。 

テスト前や学期末などは,できれば予備に充てたい。
未提出の生徒を待つ期間がどうしても必要だからだ。

ポイント5 「宿題タイム」を設ける。

授業を少しだけ早く終えるようにし,生徒が宿題に手を付けられる時間をちょっとでも保証する。
一度手を付けた問題ならば,全くのゼロから始めるよりスムーズに取り組める。


2回すごい!ボタンが押されました

コメント

ポイント2が素晴らしい。また、生徒にとってはポイント4、5もやる気が出てくると思いました。

by fuka358 2013/03/26 15:40

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド