TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/20 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2457706 更新:2012年12月16日

われは草なり(5年光村)〜特別支援編


特別支援学級5年生児童1名との授業である。

1漢字読みのスライド
2漢字スキル2日目の指導
3視写
4音読10回

を行った後の授業を示す。

発問1:

一連で大切な言葉は何ですか。
大切な言葉とは繰り返し出てくる言葉です。

「伸びる」

指示1:

そうだね。「伸び」の2文字。○をつけなさい。

発問2:

「伸び」とは別の言葉でいえば何ですか。

「成長」
そうだね、とまとめた。

発問3:

2連。大切な言葉は何ですか。

すぐに「緑」と出た。

発問4:

緑がいいと思っているのですか。嫌だと思っているのですか。

「いい」と思っている。
理由をきくと「あきぬなり」と書いてあるから、と答えた。

発問5:

3連。先生は何というと思いますか。
   (大切な言葉は何ですか)
   何ですか。

「緑」

発問6:

2連も3連も同じ「緑」ですが
   当然、違う意味ですね。
  

何色から何色に変わったと思いますか。

2連ーーーーーーーーーー3連
黄緑ーーーーーーーーー緑

なぜですか。

「深き」と書いてあるから。

発問7:

なるほど。
そうすると、黄緑から緑になることを別の言葉にすると、何だと思いますか。

「成長」と出た。成長でまとめた。

発問8:

4連。
   「生きる!」
   そうですね。「生き」に○をつけなさい。

生きることは、いいこと、悪いことどちらなのですか。

「いいこと」と答えた。
理由をたずねると「楽しい」「美しい」と書いてあるから
ということ。
全て認めた。

説明1:

われは草なりとありますね。
   「われ」は何のことですか。
   (草)
   そうです。草のことですね。
   自分のことを「草」と置き換えているのです。
 
 例えば、「我が輩は猫である」とか「あれはドラえもんだ」とか
 そういう言い方をして、自分がその人になりきっている
 ことです。

 では、「草」を「人」に変えて読んでみます。
 
 われは人なり。

草を人に変えて読んでいった。

2連と3連は「全身すべて緑なり」などがあり、爆笑となった。
「エイリアンじゃ」などのつぶやきがあった。

最後まで読み、次の発問をした。

発問9:

何か変だなと思ったのは何連ですか。

すぐに「2連と3連」と出た。

指示2:

「緑」が変だよな。
緑をぴったり合う言葉に変えるとすると何になりますか。
ノートに書きなさい。

「肌色」とでた。
通常、そういう答えがでる。

発問10:

肌色だな。
2連と3連は黄緑から緑に変わっているんだよな。
では、どう変わるんだ。

苦し紛れに「肌色から黄土色」と答えた。

そうか。成長すると、肌色から黄土色に変わるんだな」   
   
「緑の構造」から突っ込んでいった。

ここも爆笑となった。
「成長すると「肌色から黄土色に変わるのか。初耳だ」など突っ込んだ。

「違います、違います」という。

指示3:

2回目、書きなさい。

「清潔」と出した。

「清潔」か。なるほど。
   清潔を入れて読んでみるぞ。
   
読むと、これも大笑いとなった。

「清潔から清潔」になるってことは潔癖だな。
 潔癖になるってことか!
   
「違います!」「違います!」とさらに懇願した。

指示4:

3回目。書きなさい。

「元気」と出した。
「元気」をいれて、読んでみた。

指示5:

ちょっと説明しなさい。

どんどん元気になっていくことが成長。
深くなるのは、元気になるということ。

説明2:

これはすごいな。
いい。とてもいい。
元気。ぴったりだな。

このように繰り返し考えさせることで、授業をまとめた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド