TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/18 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4489775 更新:2012年12月15日

創業守成(十八史略)2・太宗の主張を読み取る


「創業守成」2時間目である。

音読練習の後,「上曰はく」から最後まで訳す。

指示1:

太宗の問いに線を引きなさい。(創業守成孰難)

指示2:

現代語でノートにも写します。(創業と守成とどちらが難しいのか。)

発問1:

太宗はどちらだと判断しましたか。次の中から選びます。

①創業の方が難しい。
②守成の方が難しい。
③その他

挙手で確認。
理由も出し尽くさせる。

答えは③である。どちらがより難しい,という話は太宗はしていない。

発問2:

創業と守成はどのような違いがあると言っていますか。

指示3:

ついて読みます。「然れども創業の難きは往けり。守成の難きは,方に諸公と之を慎まんと。」

発問3:

最も違いをよく表す一文字ずつを,書き下し文から抜き出しなさい。

板書 ☐
    ↑
    ↓
    ☐

できた生徒に持ってこさせる。
考えるべき局面が限定されているので,集中して考える。

正解は,【り】(完了)と【む】(意志)である。
いずれも助動詞であるが,時制の違いがあることを示している。
つまり,「創業」は過去の話(だから今は特に考慮しなくてもいいこと)であるのに対し,
「守成」は未来の話(だから今考慮する必要があること)だということである。

発問4:

太宗の考え方は,どんな考え方だと言えますか。○○的,という形で答えなさい。(現実的/実際的)

使用教科書「新精選国語総合」(明治書院)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド