TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/18 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5252247 更新:2018年10月03日

「オオカミを見る目」(東京書籍)第1時


説明的文章最初の単元である。
補足…「あかねこ読解スキル」(光村教育図書)p16に「説明的文章の読み方」がある。
教材を採用していれば、このページで
①説明的文章の話題や主張をつかむために問いの一文と答えの一文を探すと有効であること
②各段落の要点をおおまかに理解しておけば、設問の答えが探しやすくなること
を指導できる。

そのような助走的な指導をあらかじめ行った。

指示1:

形式段落の番号を付けなさい。(17段落まである)

指示2:

先生が読みます。読みの分からないところに振り仮名を書きなさい。

発問1:

問いが書いてある段落はどこですか。段落の頭に○を書きます。

5段落、11段落にも書いてあるが4段落の繰り返しである。
よって、ひとまとめに書いてある段落は4段落だと教師がまとめる。

発問2:

4段落の中で、問いの一文はどこですか。線を引きなさい。

①「オオカミという同じ動物に対して、ヨーロッパと日本とで、こんなにも見方が違っていたのはなぜでしょうか。」
②「同じ日本で、昔と今とで、オオカミのイメージが変わってしまったのはなぜでしょうか。」

指示3:

それぞれ脇に、「問い①」「問い②」と書いておきなさい。

発問3:

問いを表す一字はどれですか。○で囲みます。
ヒント、平仮名一字。(か)

板書

問い
4段落

問い①

指示4:

問いの①を、ノートにまとめなさい。

問い①オオカミという同じ動物に対して、ヨーロッパと日本とで見方が違ったのはなぜか。

発問4:

これに対する答えは何段落ですか。段落の頭に○を書きます。

答えをまとめている段落は7段落と9段落である。

発問5:

どうしてその2つが答えだと分かるのですか。隣の人に言います。

例1 「ヨーロッパ」と「日本」の違いが問いだから、答えについても「ヨーロッパ」「日本」が入っている段落のはずだから。
例2 「このように」「つまり」とまとめているから。

指示5:

念のため、7段落から冒頭を読みます。「このように、ヨーロッパでは…」

指示6:

9段落の冒頭を読みます。「つまり、米を軸にした農業を営んだ日本では、…」

指示7:

本当に違いの説明になっているか、対比にします。
ノートの真ん中に大きな横線を引きなさい。

板書(実際は縦書き)

ヨーロッパ
【3字】を軸にした【2字】を営む (ヒツジ/牧畜)
【6字】オオカミ(ヒツジを襲う)

【2字】のイメージ(悪魔)

日本
【1字】を軸にした【2字】(米/農業)
【10字】オオカミ(草食獣を殺してくれる)

【1字】のイメージ(神)

先生→ヨーロッパ、生徒→日本を(縦に)読む。
「牧畜」に対して「農業」など、確かに対になり、「違い」の説明になっていることが分かる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド