TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/24 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9189787 更新:2012年12月14日

レーナ・マリアに生き方を学ぶ


※追試に当たって資料を希望される方はご連絡をください。→問い合わせ

指示1:

よく見て。
気づいたことを発表します。

列指名。どんな答えもうなずき、肯定する。

説明1:

<スライド3=両手のない赤ちゃん>
 この子は、スウェーデン人のレーナ・マリアと言います。彼女が生まれたとき、お産はとても大変でした。何時間もかかる難産でした。
 お医者さんはなかなか赤ちゃんに会わせてくれません。何日もたってから、ようやくこう言いました。
「いいですか、お父さん、お母さん、よく聞いてください。実は、生まれた赤ちゃんは普通の体ではないのです。両腕がありません。片足も、長さが半分しかありません。」
「どうでしょうか、体の不自由な人の入る病院に入れましょうか。」
 お医者さんの言葉に、お父さんは首を横に振りました。「この子に必要なのは家族です。この子を家に連れて帰ります。」

発問1:

みんなにできて、彼女にできないことは何ですか。

指示2:

ノートに書きます。発表してください。

(列指名)
たくさんできないことがありそうです。

発問2:

皆さんができないと思ったことは本当にできないのですか。

指示3:

手を挙げてもらいます。

できない(?)、できる(?)。

説明2:

<スライド4=水を飲む>
 両腕がないと、水を飲むのでさえ、大変苦労してしまいます。
 レストランで、コップを倒して苦労しているマリアさんを見守っているとき、居合わせた人から「なんて冷たい親なんだ!」と怒鳴られたこともありました。

説明3:

<スライド5=水泳教室>
 両親はマリアさんの体を鍛えるため、水泳を習わせることにしました。
 水泳教室の初日に、先生がレーナさんを紹介しました。
 みんなはひそひそと話をはじめました。「あの子、両腕がないわ。」「水泳なんてできるのかしら。」「なんだか気持ち悪いわ。」「嫌だあ、あんな人といっしょにプールに入るなんて気持ち悪いわ。」

 中には直接悪口を言う子もいました。

「あなたって変な体ね。」「そんな体でよく水泳教室に来たわね。」
 レーナさんはこう反応したそうです。
「みんなが私のことを見て、何だか有名人になったみたい。水泳って、とっても楽しいわ。」

説明4:

<スライド6~14=成長>
 お絵かき
 ミシン
 オルガン弾き
 編み物
 料理
 お箸を使った食事
 お化粧
 車の運転
 写真撮影

ゆっくりとしたテンポでスライドを紹介していく。余計な説明はない方がよい。

説明5:

<スライド15=歌手>
 現在彼女は歌手として、世界中でコンサート活動を行っています。日本にも何度も来ています。
 レーナ・マリアさんはたくさんのことができるようになりました。

発問3:

皆さんができないと思ったことは本当にできないのですか。

作文用紙を配布し、感想を書かせる。

参考文献

レーナ・マリア著   「レーナ・マリア物語」  金の星社
レーナ・マリア著   「レーナ・マリア フット・ノート」  小学館
レーナ・マリア著   「レーナ・マリア ハッピーデイズ」  小学館
レーナ・マリア・ヨハンソン著   「マイライフ」  命のことば社

参考サイト

芦田まゆみ   レーナマリアさん生き方に学ぶ  TOSSランド№3106963
佐藤由紀   レーナ・マリアの生き方に学ぶ  TOSSランド№8957085
西田裕之   レーナ・マリアさんの生き方に感動する  TOSSランド№2210184
北那須教育サークル   菊地 はす江「レーナ・マリアさんの生き方に学ぶ」


2回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド