TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/10/24 現在)

21535
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7250143 更新:2017年12月18日

日常を十七音で  ~俳句の書かせ方~ 


次の流れで指導します。
①写真からイメージする言葉を書かせる
②季語一覧を配布する
③俳句をつくらせる(1回目)
④俳句を評定する
⑤俳句を作らせる(2回目)

①写真からイメージする言葉を書かせる

写真を提示する
(その季節にあった写真を提示すると良い。例えば、夏は青い海の写真、冬なら雪景色の写真など)

指示1:

写真を見ていると頭の中にいろいろな言葉が浮かんできます。それをノートに書きなさい。1つ書けたらもってきます。

全体に紹介しながらたくさん書かせる。

指示2:

ノートに書いた言葉を黒板に3つ書きなさい。

全員に書かせる。書き終わったら端から読ませていく。このとき、季語になる言葉には黄色チョークで○を付けておく。

②季語一覧を配布する

季語が書かれたプリントを配布する。その写真にあった季語が書かれたものがよい。
例えば夏の海の写真だったら「海」が入っている季語が書かれたプリントが良い。インターネットで検索しておく。

指示3:

俳句には季節を表す言葉「季語」を入れます。黒板で丸を付けられている言葉、プリントに書かれている言葉を1つ入れます。

③俳句を作らせる(1回目)

5分ほどで作らせる。数人に板書させる。

④俳句を評定する

うれしい、楽しい、きれい、など気持ちや感想が入っている句をBとする。
これらの言葉が入っていないものはAとする。

発問1:

AとBの違いはなんでしょうか。

⑤俳句を書かせる(2回目)

もう一度作らせる。最後に全員に板書させる。
端から読ませる。時間があれば、お互いの句の良いところを見つけさせたり、クラスの1番を決めるのも良い。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド