TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/22 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8622849 更新:2017年11月29日

養生テープでもはがれない、壁新聞などの掲示の工夫


説明1:

画鋲が刺さらなかったり粘着力の強い布ガムテープだとペンキがはげてしまったりして使えない壁などに大きな掲示物を貼りたい時、養生テープを輪っかのようにして貼っても時間が経つとはがれてきてしまいます。特に雨の多い時期ははがれやすいです。
かといって表の面の一辺全てに養生テープを貼ってしまうと、作品を傷つけてしまう恐れもあります。
そのための解決策を書き初めの掲示方法から思いつきました。以下の通りです。

①画用紙など少し厚めの紙で幅5cm、長さ15cmくらいの「耳」を作ります。(掲示物が、模造紙に直接字を書いた物のように軽い物なら2本。2枚を貼り合わせたり、重めの物なら3~4本必要)

②書き初めの耳のように掲示物の裏面の左右両端から10cm 程度話したところにガムテープか養生テープで「耳」をつける。ここまでが下準備。班などで掲示物を作らせる時にはここまで子供たちにやらせてから提出させると、掲示も楽。
*下の図の赤いのが「耳」、薄い青がテープ。

③掲示したい壁にしっかりと耳の上から養生テープでとめる。*下の図の濃い青。

___

0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド