TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/20 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1899332 更新:2017年03月09日

「メディアと上手に付き合うために」でパラグラフリーディングを教える(2014)


1 パラグラフリーディング

説明1:

入試などで長い文章を早く正確に読むための方法を勉強します。

指示1:

教科書66ページ。「メディアと上手に付き合うために」
最初の1文を読みます。

「海外で大きな地震が起きると、壊れた建物や建物の下じきになった人の救出作業の映像がテレビで流れます。」

指示2:

そこに線を引きなさい。

指示3:

2段落から後も、同じように、1文目に線を引いていきなさい。

説明2:

段落の最初の一文は、たいていの場合、その段落で言いたいことを端的に表した文になっています。
これを「トピックセンテンス」と言います。

指示4:

①~⑮のトピックセンテンスを、つなげて読みます。

① 海外で大きな地震が起きると、壊れた建物や建物の下じきになった人の救出作業の映像がテレビで流れます。
② ところが、実際にその国に行ってみると、大きな被害が出たのは、テレビに出ている地域だけ。
③ テレビの映像は、実際の様子を映し出しているのですから、うそをついているわけではありません。
④ 私たちは、さまざまな情報に取り囲まれて生活しています。
⑤ では、私たちは、メディアとどう付き合っていけばいいのでしょうか。
⑥ まずはテレビです。
⑦ 大きなニュースが発生すれば、いち早く知ることができるという点でも、テレビの力は圧倒的です。
⑧ そのいっぽうで、テレビ番組は、なんでもそのまま放送するというわけにはいきません。
⑨ テレビの番組は、取材・制作者によって必ず「編集」されているのだということを念頭に置いて、見るようにしましょう。
⑩ 編集されているという点でいえば、新聞も同じです。
⑪ いっぽう、長所として、新聞は、紙のページをめくることで、さまざまなニュースを一度に知ることができます。
⑫ 情報を早く知り、内容を保存しておけるという点では、インターネットが優れています。
⑬ インターネットは、誰でも気軽に情報を発信することができるメディアです。
⑭ 私は、テレビを見ながら、「この番組の編集者は、どんな意図をもってこれを制作したのだろう。」と考えるようにしています。
⑮ テレビも新聞も、インターネットも、それぞれの特性をよく理解したうえで活用すると、とても役に立ちます。

発問1:

何についての話ですか。(メディア)

発問2:

話題にしているメディアは何ですか。(テレビ、新聞、インターネット)

発問3:

それぞれのメディアの何について述べているのですか。(良いところと悪いところ、付き合い方、注意点…など)

説明3:

トピックセンテンスをざっと読むだけで、文章全体の内容が大まかにつかめることが分かります。

指示5:

P67の下の問題。「テレビの長所と気をつけるべき点について、まとめてみよう。」とあります。
ノートに答えを書きなさい。

【テレビ】
長所……いち早く情報を知ることができる。
気をつけるべき点……なんでもそのまま放送できない。取材・制作者によって「編集」されている。

発問4:

それは、何段落のトピックセンテンスに書いてありますか。(⑦、⑧、⑨)

説明4:

トピックセンテンスを意識して読むだけで、多くの問題は簡単に解けるのです。

指示6:

P68の下の問題。
「新聞」と「インターネット」についても、同じように、長所と気をつけるべき点をまとめなさい。
トピックセンテンスだけで分からない場合は、その段落をくわしく読んで考えなさい。

【新聞】
長所……さまざまなニュースを一度に知ることができる。
気をつけるべき点……編集されている。

【インターネット】
長所……情報を早く知り、保存できる。誰でも気軽に情報を発信できる。
気をつけるべき点……虚偽の情報、誤った情報が混じっている。

2 主張

発問5:

筆者の主張が書かれた一文を探して線を引きなさい。

「が、使う人が自分なりの問題意識をしっかりもって読みこなさないと、メディアに踊らされたり、大失敗をしたりすることがあるという点には注意しておく必要があります。」

指示7:

筆者の主張が書かれていますが、分かりにくいので、直します。
はっきり分かるように「~~べきだ。」という形に書き直しなさい。
ただし40字以内で書きなさい。

「メディアを使う人が、自分なりの問題意識をしっかりもって読みこなすべきだ。」(36字)

発問6:

この筆者の主張に対応する、「問いの文」はどれですか。

「では、私たちは、メディアとどう付き合っていけばいいのでしょうか。」

3 作文練習

時間に余裕があれば、教科書の内容をふまえて作文の練習をする。

〈課題〉
情報を得る手段として、「テレビ」「新聞」「インターネット」のどれが良いか。あなたの考えを書きなさい。
〈条件〉
第1段落…3つのメディアから1つを選び、なぜ良いのか理由を書く。
第2段落…選ばなかった2つのうち、1つについて、良くない理由を書く。

参考実践
・「向山型国語教え方教室」2014年3-4月号 長谷川博之氏の論文
・第60回向山型国語教え方教室 長谷川博之氏の講座

『中学国語「向山型」光村教科書・全発問指示』で授業を変える!
3学年分すべての主要単元を網羅した指導案集です。
ご希望の方は以下のページからお申し込みください。
https://ws.formzu.net/fgen/S35524123/


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド