TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/19 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7022218 更新:2017年03月09日

「漢詩の風景」で鑑賞の基本を教える(2013)


1 「春暁」で起承転結

P147「春暁」を音読する。
追い読み、交替読み、一斉読み、各自読みなどで何度も読む。

指示1:

解説文の中から、1行目「春眠暁を覚えず」の意味が書いてあるところを探して線を引きなさい。
(夜が明けたのも気づかないぬくぬくとした眠り)

同様に、2行目、3行目、4行目と進めていく。

春眠暁を覚えず (夜が明けたのも気づかないぬくぬくとした眠り)
処処啼鳥を聞く (あちらでもこちらでも鳥の声が聞こえます)
夜来風雨の声 (そういえば、ゆうべは「風雨」の音がしていたなあ)
花落つること知る多少 (花はいったいどれほど散ったことやら)

書き下し文と意味を交替読みで何度か読む。

発問1:

詩の中で、場面がガラリと変わるのは何行目ですか。

「3行目」が圧倒的に多い。
・意味に「そういえば」とあるので、場面が変わっている。
・ここから「夜」の場面になるから。
・1、2行目は明るいが、ここから暗い場面になるから。

「4行目」という意見もごく少数いた。
・3行目までは見たり聞いたりしている情景で、4行目は頭で考えていることだから。
たしかに3行目と4行目の間でも転換はあるが、「どちらが大きいか」と確認することで、「3行目」として進めた。

P148の7行目から音読する。
「起承転結」「起句」「承句」「転句」「結句」というキーワードを囲んで確認する。

説明1:

漢詩や物語文のストーリーは、この「起承転結」が基本です。
ストーリーの中に、必ず場面がガラリと変化する「転」の部分があります。
「転」の部分をクライマックスとも言います。

2 「絶句」で対比

P149「絶句」を音読する。
追い読み、交替読み、一斉読み、各自読みなどで何度も読む。

指示2:

解説文の中から、起句「江は碧にして鳥は逾よ白く」の意味が書いてあるところを探して線を引きなさい。
(川は深みどりに澄み渡り、その水の色をバックに水鳥はいっそう白く見える)

同様に、2行目、3行目、4行目と進めていく。

江は碧にして鳥は逾よ白く (川は深みどりに澄み渡り、その水の色をバックに水鳥はいっそう白く見える)
山は青くして花は然えんと欲す (向こうの山は青々と茂っている。それをバックに花が燃えるように咲いている)
今春看す又過ぐ (今年の春も、あれよあれよという間に過ぎてゆく)
何れの日か是れ帰年ならん (いつ故郷へ帰る年が来るのだろうか)

書き下し文と意味を交替読みで何度か読む。

発問2:

詩の中で対比されているものは何ですか。

江←→鳥
山←→花
碧←→白
青←→赤(然)

これらの対比はすぐに出る。

発問3:

ほかに対比されているものはありませんか。

「江は碧にして鳥は逾よ白く」←→「山は青くして花は然えんと欲す」
2つの風景そのものの対比。

「今春看す又過ぐ」←→「何れの日か是れ帰年ならん」
現在の状況と未来への希望という対比。

発問4:

ほかに対比されているものはありませんか。

「江は碧にして鳥は逾よ白く
 山は青くして花は然えんと欲す」
 ↑
 ↓
「今春看す又過ぐ
 何れの日か是れ帰年ならん」

目に見える風景と目に見えない心情との対比。
つまり詩全体が大きな対比構造になっているという解釈である。

指示3:

今日、学んだことを、「対比」という言葉を使ってまとめなさい。

【生徒作文】
「絶句」の中で対比されていることについて考えた。
「碧」と「白」や、「山」と「花」などは分かりやすい対比だった。それらは、小さなまとまりであり、大きなまとまりの対比である「自然」と「心情」がなかなか分からなかった。対比は句の中にたくさんあるので、大きく見たり小さく見たりして探すことが大切だと思った。

【生徒作文】
この詩には、たくさんの対比がある。色の対比や物の対比などから、情景などのレベルアップした対比も出てきた。また、自然と人間の感情など頭をひねらされるものも出てきた。転句を境に、がらりと変わる内容についての対比などもあり、15近くの対比が見つかった。

3 「黄鶴楼にて…」で主題

P150「黄鶴楼にて…」を音読する。
追い読み、交替読み、一斉読み、各自読みなどで何度も読む。

発問5:

作者は誰ですか。(李白)

発問6:

作者はどこにいるのですか。題名から抜き出しなさい。(黄鶴楼)

発問7:

作者の友人の名前は何ですか。題名から抜き出しなさい。(孟浩然)

発問8:

孟浩然はどこへ行くのですか。題名から抜き出しなさい。(広陵)

説明2:

作者の李白が、黄鶴楼という建物で、友人の孟浩然が広陵に向かって旅立ってゆくのを見送っている、という詩です。

解説文を音読する。

指示4:

解説文の中から、起句「故人西のかた黄鶴楼を辞し」の意味が書いてあるところを探して線を引きなさい。
(友は、西にあるこの黄鶴楼に別れを告げて)

指示5:

承句「煙花三月揚州に下る」の意味を探して線を引きなさい。
(春、かすみ立つ三月に、揚州へと舟で下ってゆく)

指示6:

転句を飛ばして、結句「唯だ見る長江の天際に流るるを」の意味を探して線を引きなさい。
(ただ天際まで続く長江の水が流れるばかり)

指示7:

転句「孤帆の遠影碧空に尽き」の中の、「孤帆」の意味が書いてあるところに線を引きなさい。
14字です。(ぽつんと一つ浮かんだ帆掛け舟)

発問9:

帆掛け舟は見えているのですか、見えていないのですか。

「見えている」派
・舟は「ゆるゆると遠ざかっている」のだから、見えている。
・作者はいつまでも舟を見送っているから、見えている。

「見えていない」派
・白帆が青空のかなたに「ふっと消える」とあるから、見えていない。
・あとには、ただ長江の水が「流れるばかり」とあるから、見えていない。

説明3:

作者・李白は、孟浩然の乗った帆掛け船が遠ざかってゆくのを見送っています。
やがて舟は水平線の彼方に消え、見えなくなったのですね。

発問10:

孟浩然の乗った舟が見えなくなった後、李白はいつまでそこにいたでしょうか。
 A すぐに立ち去った
 B しばらくはそこにいた
 C ずっと長い間そこにいた

A 0
B 数名
C 多数
・解説文に「いつまでもいつまでも」とあるから。
・解説文に「別離の悲しみ」とあり、深い悲しみにくれていることが分かるから。

指示8:

解説文の中から、この詩のテーマを6字で探して囲みなさい。(別離の悲しみ)

発問11:

この詩は、どのような場面を描くことで、どのようなことを表現しようとしているのですか。
詩の主題としてノートに書きなさい。

【生徒作文】
黄鶴楼や広陵などの華やかな情景と、広い長江の流れに白い帆掛け舟があることや、ただ流れる長江という孤独でもの悲しい情景を対比することで、作者の孤独感や友人と別れた悲しさをきわだてている。

【生徒作文】
華やかな情景からぽつんと一つ浮かんだ帆掛け舟などの孤独な感じを出すことにより、別離の悲しみを表現していると思う。李白が孟浩然が旅立ってゆくのを見送る場面を描いているこの詩は、情景を想像することができる。たとえば舟が見えなくなってもその場に立ち尽くしている李白や、一人さみしく長江を下ってゆく孟浩然などだ。このように別れの場面を情景を交えて描くことで、別離の悲しみを表現している。

4 訓読・押韻

板書
「春 眠 不 覚 暁」

発問12:

何と読みますか?(シュンミン、フ、カク、ギョウ)(しゅんみんあかつきをおぼえず)

説明4:

元は中国の詩なので、読めません。
日本語で読もうとすれば「しゅんみんあかつきをおぼえず」です。

発問13:

昔の日本人は、これを日本語として読むための工夫を考えました。
どんな記号や文字をつけたのでしょうか。
教科書を参考にして書きなさい。

教科書を確認し、「レ点」「送り仮名」などの用語を押さえる。

指示9:

日本語として読むとおりに、漢字仮名交じり文で書きなさい。(春眠暁を覚えず)

説明5:

このように、レ点や送り仮名に従って、日本語のように漢字仮名交じり文で書いた文のことを、「書き下し文」と言います。

「処 処 聞 啼 鳥」も同様に進める。(一・二点を使う。)

説明6:

レ点と一・二点を合わせて「返り点」と言います。
返り点と送り仮名を合わせて「訓点」と言います。

黒板に練習問題を書いて読む順番を確かめる。

※○は漢字を表す。○の中に読む順番に数字を書かせる。
※板書は当然、縦書き。
(1) ○レ○
(2) ○ ○レ○
(3) ○二○ ○一
(4) ○ ○二○ ○一○

発問14:

P149「絶句」の詩を見なさい。
元の漢詩は、1行が何字ですか。(5字)
全部で何行ありますか。(4行)

指示10:

各行の最後の字を丸で囲みなさい。

発問15:

その字は音読みで何と発音しますか。

白(ハク)
然(ネン)
過(カ)
年(ネン)

発問16:

音が似ている字はどれですか。(然と年)

説明7:

これは偶然ではなく、漢詩を作る時の決まりで、偶数句の最後の字は発音が似ている字を使うことになっています。
この決まりを「押韻(おういん)」と言います。

発問17:

P147「春暁」で押韻している字はどれですか。(暁と鳥と少)

説明8:

起句の「鳥」と結句の「少」は決まり通り、押韻しています。
この詩では、初句の「暁」も押韻しています。

発問18:

P150「黄鶴楼にて…」で押韻している字はどれですか。(楼と洲と流)

説明9:

日本語の音読みは、本来の中国語の発音を元にした発音です。
音読みで発音してみると、どの字が押韻しているか確かめやすいのです。

最後にP153の「律詩について」を読み、「律詩」「対句」などの語句を押さえる。

『中学国語「向山型」光村教科書・全発問指示』で授業を変える!
3学年分すべての主要単元を網羅した指導案集です。
ご希望の方は以下のページからお申し込みください。
https://ws.formzu.net/fgen/S35524123/


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド