TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/04/24 現在)

21395
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5075766 更新:2017年02月05日

「一ばんみじかい叙情詩」(寺山修司)実践記録


寺山修司が4行で綴った詩。

“なみだは にんげんのつくることのできる 一ばん小さな海”という
平易な言葉で綴られているシンプルな詩だが、意味を考え出すと深い。

もとの詩は、『寺山修司少女誌集』に収録されている。

詩集には、「海」という章があり、海に関する14編の詩がある。

寺山修司の海に関するイメージや捉え方を知りたくて詩集を読んだが、縦横無尽、様々に広がっていて、
読めば読むほど分からなくなってしまった。

だが、それがよい。

いろいろな解釈ができることが詩の面白さでもある。

子どもたちと様々な解釈をつくっていく授業を試みた。

指示1:

考えたこと、思ったこと、疑問点を書きなさい。

・なぜ、漢字ではないのか。(なみだ、にんげん)

・なみだには、思いが込められている。

・たくさんの思いが海ということなのではないか。

・なぜ、題名が「一ばんみじかい叙情詩」なのか。

・「人間がつくる」とは、どういうことか。

・なぜ、涙を海にたとえたのか。

・作者は、どんな気持ちだったのか。

・作者は、海をみて、何かを思い出しているのではないか。

・作者の気持ちを知りたい。

発問1:

「なみだ」からイメージすることは何ですか。

・悲しみ
・苦しさ
・悔しさ
・痛み
・憎しみ
・恐怖
・喜び
・うれしさ
・死
・目
・雨
・感情
・感動
・人生

発問2:

 「海」からイメージすることは何ですか。

・おだやか
・豊か
・生命
・太平洋
・波
・魚
・塩
・しょっぱい
・楽しい
・気持ちいい
・恐怖
・死
・美しい
・青
・広い

発問3:

 「なみだ」と「海」、どんなところが似ていますか。

・水
・液体
・しょっぱい
・感情がある
・豊かなこと

発問4:

「なみだ」と「海」、どんなところが似ていませんか。対比しなさい。

・大きい←→小さい
・人←→自然
・量が多い←→量が少ない
・音がしない←→音がする
・魚がいない←→魚がいる
・命がない←→命がある
・安全←→危険
・感情がある←→感情がない

発問5:

「人間のつくることができる」と「人間のつくる」とでは、どう違いますか。

前者だと、つくることもできるし、つくらないこともできる、可能性があるという意味になることを子どもたちは指摘した。

何を伝えたい詩だと考えますか。

ノートに書かせ、教師のところに持ってこさせ、黒板に書かせた。

子どもたちからは、次のような意見が出た。

・涙には、たくさんの感情がつまっている。
・人間の涙には、たくさんの感情がこもっている。
・涙は、豊かな感情。
・涙は、海のようにたくさんの感情を表現できる。
・涙は、海のように様々な感情がこもっている。
・人間には、何でもつくることができる可能性がある。
・人間には、何でも作れる力がある。
・人間が支配する自然。
・人間には、人間にしかもっていない可能性がある。
・海は美しい。
・自然には、作れないものがある。
・いろいろな思いがこもった作者の気持ち。

自分なりの解釈をもてた子を褒めた。

(日記の代わりに、分析したこと、考えたことをノートにまとめさせた。)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド