TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/06/22 現在)

21421
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9794233 更新:2016年11月19日

国税庁HPによる耐用年数(理科用器具・備品) 


電気冷蔵庫、電気洗濯機、その他これらに類する電気・ガス機器  → 6年   (理科室の冷蔵庫、温蔵庫、電気孵卵器等)

度量衡器 試験・測定機器 → 5年   (テスター・電流計・電圧計・電子天秤・その他の秤など)

顕微鏡  → 8年

カメラ、映画撮影機、映写機、望遠鏡  → 5年

その他のガラス製品、プラスチック製品は耐用年数が求められる「備品」ではなく「消耗品」と考えてよいと思われます。

説明1:

耐用年数が過ぎた備品、とくに使用に耐えないものは、各地教委の定める「理振法備品廃棄申請書」を、校長名で地教委に提出。

廃棄が認可されたら、理振法備品台帳から削除する。

この手続きを怠ると、理振法台帳の帳簿上、理科備品が充足していると判断され、予算が回ってきません。
耐用年数超過、破損による使用不能、動作不良、部品が入手できないので修理不能、などの理由があれば通常廃棄申請は認められます。

 福島県の場合は、「東日本大震災による破損」としたら、全部通りました。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド