TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/08/22 現在)

21412
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1077355 更新:2016年11月19日

6年堆積実験を「ミルソー」でやってみる


6年地層。体積実験は東京書籍の教科書だと雨どいと丸形水槽で行うようになっている。

 だけどだ。

 これだと、用意する土砂の量が半端じゃない。

 いちおう、砂も礫も泥も、一回は篩にかけてある程度「目」を揃えておきたい。

 そうすると、猛烈な量の肉体労働をすることになる。
 4クラス専科で担当して、各クラス6グループ分の土砂を用意するということを考えると気が重い。

 腰はもっと重い。

 そこで、試みに、中村理科の「ミルソー」を使ってやってみた。

 土砂の量は、丸形水槽の20分の1で済む。

準備物

1 ミルソー  →グループ数分

2 500mlのプラスチックビーカー →グループ数分

3 あらかじめ、篩で目をそろえた泥(花壇の土)・砂(砂場の砂)・礫(金魚鉢用の小石→直径5mm以下ぐらい) 適量

4 計量スプーン (なければコーヒーの計量スプーンなど)

5 直径12センチ程度のプラスチック製ジョウゴ (100均で売っている) ※ミルソーに入る太さのもの

指示1:

1 ミルソーの7分目まで水を入れなさい。

2 泥・砂・礫を計量スプーン(大)で2~3杯ずつ、ビーカーに入れなさい。

3 ビーカーを振ってよくまぜなさい。

4 ミルソーの右端にジョウゴを当てなさい。

5 ジョウゴから「泥・砂・礫ミックス」を一気に流し込みなさい

 沈降・堆積する様子を確認させる。

 水が濁っているが、よく見ると、下のほうが濁り方が大きく、上は「薄く」濁っていることを観察させたい。

 泥の層が確認できるぐらいに沈降・堆積したら、同様に2回目を流し込ませる

写真1 左から 泥 砂 礫を入れたバケツ

Dsc03149

写真2 プラスチックビーカーに入れ、混合する前の状態

Dsc03150

写真3 ミルソーに堆積させた状態

Dsc03153

0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド