TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/02/24 現在)

21375
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7381579 更新:2016年10月13日

「詩の世界」(2016)


1 てがみ

範読、追い読み、交替読み、一斉読みなどで何度も音読練習をする。

発問1:

「つきよのうみに」は何音ですか。(7音)

発問2:

「いちまいの」は何音ですか。(5音)

発問3:

同様に、すべての行の音を数え、気づいたことを書きなさい。

・7、5の繰り返しになっている
・3行目だけ8になっている

説明1:

このように、音が決まった調子で繰り返される形式を「定型詩」と言います。3行目だけ、定型を外れています。そこを「破調」と言います。

発問4:

時間はいつですか。(夜)

発問5:

場所はどこですか。(海)

発問6:

てがみをながしたのは誰ですか。

・話者
・作者(寺山修司)→※「話者」について説明し、「話者」としてまとめる

発問7:

てがみを書いたのは誰ですか。

・話者→人からもらった手紙を流すのはおかしい
・話者以外→誰かの代わりに話者が流してやった

発問8:

この詩は明るい詩ですか、暗い詩ですか。

・明るい→「つきのひかり」は明るいから
・暗い→夜の場面だから

2 太陽

範読、追い読み、交替読み、一斉読みなどで何度も音読練習をする。

発問9:

太陽はどんなイメージですか。箇条書きでたくさん書きなさい。

・あつい
・大きい
・明るい

発問10:

それを「気持ち」で表すとしたら、どんな気持ちですか。

・温かい
・明るい
・元気

説明2:

この詩の「太陽」は、そのような気持ちを表していると考えられます。このように、目に見えない「気持ち」のようなものを目に見えるもので表すことを、「象徴」と言います。

発問11:

「太陽」を「ふところ」へ入れるというのは、どういうことを表しているのですか。

・明るい気持ちを持つ
・元気でいる

説明3:

それらのことを、「太陽をふところへいれる」という言葉でたとえています。このように、たとえを使って表現することを「比喩」と言います。
比喩の中でも、「まるで」「~のように」という言葉を使わずに表す比喩を「隠喩(暗喩)」と言います。

発問12:

話者はどんなことを望んでいるのですか。

・明るい気持ちでいること
・独りぼっちではなくなること

3 魚と空

範読、追い読み、交替読み、一斉読みなどで何度も音読練習をする。

発問13:

話者に見えているものは何ですか。

・鳥
・海
・魚
・空

発問14:

話者の視点はどのように移動していますか。

・空→海→空

発問15:

第2連「鳥は/もう摑んでいる。」とは何を摑んでいるのですか。

・魚

発問16:

第4連「もうひとつの空へ/のまれる。」とはどういう意味ですか。

・鳥に食べられる

発問17:

魚は幸せか、幸せではないか、どちらですか。

・幸せ→はじめて空に行けたから
・幸せではない→鳥に食べられてしまうから

発問18:

この詩の主題は何ですか。

・新しい世界に行くことは幸せだ

本実践は拙著『中学国語向山型光村教科書全発問指示』に基づいています。拙著に関するお問い合わせは村上までメールでお願いします。→murakami623@gmail.com


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド