TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/10/17 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4938003 更新:2016年09月20日

読書感想文を短時間でチェックする方法


1 段落はじめの一文をザッと見る。

読書感想文として優れているのは、本の内容から考えたことが詳しく書かれた文章である。

その段落がただの内容紹介なのか、それとも考えたことなのか、は書き出しで分かる。
具体的には次のような書き出しで始まっている段落はじっくり読み、そうでない段落は読まない。さっと「見る」だけにする。


①私も、・・・という経験がある。
②「・・・」とは何だろう、と考えた。
③この本をきっかけにして、私は・・・
④以前は・・・と思っていたが、考えが変わった。

2 評定の基準を決めておく

考えたことが明確に書かれており、その生徒にしか書けない・・・AA
考えたことが明確に書かれており、その生徒自身のことと深く関連がある・・・A
考えたことが明確に書かれている・・・B
考えたことが薄い。内容の紹介が多すぎる・・・C
既定の枚数を満たしていない、盗作である など・・・D(不合格)

3 コメントは、感想文中の言葉を一部繰り返す

例1
〈感想文〉「僕はこの本を読んで、『死』について様々なことを考えました。」
 ↓
〈コメント〉「死」について考えることができたようですね。このようなことは、文学作品から多くのヒントを得ることができます。

例2
〈感想文〉「僕も、野球をやっているのでこの時の主人公の気持ちはよく分かった。」
 ↓
〈コメント〉野球をやっている自分自身の経験に引きつけて書くことができています。実感が伴っていますね。

例3
〈感想文〉「特に印象に残ったのは、次のようなおじいさんのセリフでした。・・・」
 ↓
〈コメント〉おじいさんのセリフが場面をよく描写しています。心に響く言葉ですね。

4 いつまでに終わらせるか、決める

仕事術全般に言えるだろうが、「1時間でチェックし終える」と決めなければ終わらない。
読書感想文はそれ相応の時間で処理し、それ以外の業務に移ろう。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド