TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/10/17 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1235096 更新:2012年12月13日

「友達でいようね」( 山崎明子 作詞・作曲 )の指導法


混声2部合唱。とっても歌いやすく、しかも、歌詞もステキ。
3年生が卒業前に歌うと、ウルウルすること間違いなし。在校生が歌うのも、2部合唱だと並び方ひとつとっても、問題が少ないので、オススメ。もちろん、全校合唱でも歌える。

1.男女いっしょに歌い始める。

心をあわせて、息をたっぷり吸って、「さ」「わ」「や」「か」「な」と続く「A」の母音を、口を開けて、声をぐぐっと前に出して歌う。
「さわやかなーはるの」と続くと、言葉がはっきりしないので、「さわやかなー/はるの」と必ずHを言いかえること。

2.「春の風と」「季節に」「僕らは」「それぞれの」「歩き始めた」の語尾、「とー」「にー」「はー」「のー」「たー」を、ていねいに伸ばすことで、気持ちがこもった感動する歌声になる。
3.「一緒に」~の女声、上記1、2に同じ。

男声パートのルは唇を「U」の口にして、でも、できれば「ウー」よりも「オー」のつもりでうたうと、やわらかい響きになる。
どうしても歌いたかったら、女声と一緒に歌詞を歌うことも考えよう。

4.「きざんで」の女声は「でー」が高いので、しっかりささえて歌う。「きーざんでっ」にならないように、ていねいの伸ばす。

「わすれない/いつまでも」と「い」を言いかえること。
「いつまでも」の「もー」も4拍目のあたまで切る。こういうところが揃うと、とてもきれいに聞こえる。

5.「白い雲は」~いよいよ美しいハーモニーを聴かせる。

ピアノ伴奏がなしで、アカペラで歌えるほどに練習すると、きっと、すばらしい合唱になる。
伴奏の形がこれまでと変わり、横に流れるような音楽を感じて。

6.「遠い<空の<下で」と3段階に盛り上げるつもりで。
7.「時を越え」からは男声パートがメロディー。

朗々と、美しい歌声を聴かせてほしい。
女声の「ル」は、上記3に同じ、できるだけやわらかく、優しい歌声を。

8.「希望を」から一緒に歌詞になる。

「希望を<この胸に<抱きしめて生きてゆこう<」と長い大きなまとまりを感じて、だんだん大きくしていく。

9.繰り返しは同様。
10.最後の「友達でいようね」は「でー」や「ねー」をていねいに伸ばすこと。

男女のハーモニーを聴かせること。
だんだんゆっくりにするので、息をたっぷり吸って、姿勢をよくして歌うこと。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド