TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/02/28 現在)

21375
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8288626 更新:2016年07月05日

会社活動で学級を活性化する~求人案内から株主総会まで~


1 趣意説明

当番と係は違います。
当番は学級のために、みんなでしなければならないことを分担して行うものす。
掃除当番や給食当番はあってもなくてもよいということはありません。
なくては困るものですし、みんなでやっていかなければならないものです。
しかし、係活動は違います。あってもなくてもいいものです。
でも、あれば自分も楽しいし、学級のみんなも楽しくなります。 
河野学級では、係のことを「会社」と呼びます。
会社は、学級を楽しくするためのものです。
学級のみんなにサ-ビスするたのものです。
日本全国にはいろいろな会社があります。
その会社のサ-ビスのおかげで私たちの生活はとても楽しくなっていきます。
そういう会社を学級につくろうというわけです。

2 会社設立の条件

会社をつくるときの条件は次の3つです。
① 先生の手伝いではないもの。
② 工夫できる活動ができるもの。
③ 学級の文化を高めるサ-ビス活動を行なうもの。(みんなの役に立つ) 

3 会社の設立まで

① あったらいいな楽しいだろうなという会社を考える。

自分が考えた会社の仕事内容について簡単に「会社登録カード」に記入する。
先生やみんなの前で「会社登録カード」の内容を説明する。
前述した「会社設立の条件」に立ち返って考えさせる。

② みんなに認められたら「求人案内」を出して社員を募集する。

みんなに認められたら「求人案内」を掲示板に貼って社員を募集する。
つまり、学級の子どもたちは自分で会社を設立する者と求人案内を見て入社する者とに分かれる。  
期限を決めて、全員がどこかの会社に所属するようにする。

③ 第一回の会社活動にて「会社CMカード」を作成し活動のスタートとする。

事実上の会社活動のスタートである。

4 活発な会社活動にするためのポイント

① 社名にこだわる

社名にはこだわらせたい。ユーモアのあるネーミングがよい。
歴代の会社名を参考に子どもたちに提示すると考えやすいであろう。
(例)歴史マンガコーポレーション  漫才おわらい劇団  ギネスに挑戦株式会社  生物調査研究所  マジックカンパニー
イラコン(イラストコンテスト)  週刊GOGOマガジン  わくわく5の1新聞社  etc.     

② 所持物の原則

向山洋一氏の授業の原則の中にある「第5条 所持物の原則」である。
「子どもを活動させるためには,場所と時間と物を与えよ」ということでる。
まずは、「時間」。日常的には朝の会や帰りの会、給食時間や休憩時間になるであろう。
また、定期的に特活の時間を与える。
次に「場所」。会社によって必要な場所は違うが、私は「自由に使ってよい掲示板を設定した。
そして「物」。会社活動に必要な道具や文房具をたっぷり準備し、決まったコーナーに常備した。
画用紙や上質紙、のり、ボンド、テープ、ステープラー、マジック(裏写りしないもの)、色鉛筆など。  

③ 活動を評価する

これは、原則は「ほめる」ことである。ひたすら「ほめる」のである。
第一回目の活動後は、ほめることがたくさんある。
「えーー、もう第一号の新聞ができたのー!!!すごーーい!」という感じである。
学級通信で紹介したり、帰りの会でさりげなくほめることも必要である。
給食時間に突然、「各会社の社長は、最近の営業について説明しなさい」などと言うこともある。
「すみません、最近さぼってました。」などと言う会社もある。
ゆるやかなチェックも必要なのである。

5 株主総会のすすめ

2週間~1ヶ月に1度、学級全員による「振り返り」を行う。
全員で行うので「株主総会」と呼ぶ。これが大変子どもたちには好評である。

① 一人一人に「株券」を10枚配る。(1枚が10000株なので10万株)
② 各会社が「営業報告」を行う。
③ 自分の会社に4枚(40000株)入れられる。
④ よくがんばっていた会社に3枚(30000株)入れる。
⑤ その次にがんばっていた会社に2枚(20000株)
⑥ その次にがんばっていた会社に1枚(10000株)
⑦ 集計する
⑧ 株がもっとも多く集まった会社を優良会社に認定する。(BEST3でもよい)
⑨ 集まった株を社員数で割り、個人の給料に換算する。多かった会社も優良会社にする。
   これは、社員数が2名と社員数が6名の会社のハンディをなくすためである。

少しでも株をたくさん集めようと、営業報告に子どもたちは工夫を始める。
寸劇風にしたり、ひたすら懇願したりと大変に盛り上がる。
優良会社には、掲示してある「会社CMカード」にシールを貼っていた。
一つ星、二つ星、三つ星と増えていくシステムである。

6 設立会社の例

トップテン株式会社→ いろいろなことがらをアンケ-トして、そのベスト10を発表する。お家の人やお店の人からもアンケ-トをとる。
漫才おわらい劇団→ 漫才や劇をみんなに見てもらう。
カラオケイベント企画会社→ カラオケ大会の企画をする。
おもしろクイズ会社 →クイズブックをつくる。クイズ新聞の発行。朝や帰りにクイズを出す。
ギネスに挑戦株式会社→ いろいろなチャレランを企画してみんなに挑戦させる。
迷路カンパニー →むずかしい迷路を考えて新聞にして発行する。
クックパッド →おいしい料理やお菓子のつくり方(レシピ)を印刷してみんなに配る。我が家の料理のコツを特集したりする。
こわい会社→ こわい話を集めて発表する。雨の日に参加者を集めてこわい話を聞く会を開く。
(株)イラストコンテスト→ いろいろなイラストのコンテストを行う。「あなたが会ってみたい宇宙人」などのお題を出す。
紙しばい会社 →紙芝居をつくってみんなに見てもらう。
一日一善株式会社→ 一日一善何かみんなのためになることをして報告する。
ブックセンタ- →学級文庫をつくって本の貸し出しや本の紹介などをする。
マジックカンパニ-→ 給食時間などにみんなが楽しめる手品を披露する。
うらわざチャンネル →生活に役立つウラワザをプリントで紹介する。
当たる!占いグループ→ さまざまな占いや性格診断をみんなにしてあげる。
週間GOGOマガジン→ 週間でマンガの雑誌を編集。掲示する。
恐竜研究社 →恐竜図鑑をつくったり、新聞を書いたりする。

《参   考》 鈴木健二:『係り活動で学級を活性化する』(明治図書,1991年)
         向山洋一編:『いつでも大人気「係り活動」小辞典』(明治図書,1998年)

         


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド