TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/04/19 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8528525 更新:2016年05月13日

評論のシンプルな教え方・「猫は後悔するか」(野矢茂樹)


十分に読めるようになった後は、いきなり結論である。
【この文章の要点となる文章を一文だけさがし出せ】
(中略)
その次は、全体を要約させる。
【全体の文章を三十字以内で要約しなさい。】
(向山洋一『国語の授業が楽しくなる』明治図書)

評論・説明文を上記のようにシンプルに指導することを考え、授業した。
ちなみに、教材文は10ページある。2時間で全文要約までさせた。

1時間目

まずは音読である。
1 範読
2 教師と生徒で交代読み
3 隣同士で交代読み
4 指名なし音読
で全文を読み通した。

なお、もう少し丁寧に指導したい場合は、段落の最初だけ通して読ませると良い。

形式段落の番号を振らせる。

指示1:

この中で、大事な文に線を引きなさい。

上記の向山洋一氏のように「一文だけ」と限定すれば、最後の段落「かくして、猫は後悔しない。」となる。

しかし、次に要約させることを考え、結論だけでなくその根拠もこの段階で出させておこうと考えた。

直接要約に関わるのは、次の文である。

2段落 ・猫は、そして人間以外の動物は、後悔というものをなしえない。【結論】
3段落 ・事実に反する思いを持つというのは、どのようにして可能になるのだろうか。【問い】
7段落 ・だとすれば、この現実を元手に、論理空間の了解が形成されるのでなければならない。【答え】
    ・それはどのようにしてか。【問い】
8段落 ・何よりもまず、世界が分節化されていなければならない。【答え1】
16段落 ・さらに、・・・分節化された言語を持っていなければならない。【答え2】
22段落 ・それゆえ、言語を持っていない動物は可能性の了解を持たず、分節化された世界にも生きていないことになる。

上記の文が指摘されなければ、もう一度探させる。
出てきた文には線を引かせ、1時間目は終了。

2時間目

指示2:

線を引いた文だけ、通して読みます。読み終わったら座ります。全員起立。

指示3:

この文章を、50字以内で要約しなさい。
ただし「人間以外の動物」は「猫」で構いません。

書けたらノートを持ってきます。

黒板に書かせ、次の基準で評定していく。

分節化された言語を持たないため、【3点】
論理空間と分節化された世界を成立させられない【4点】
猫は、後悔しない。【3点】
(47字)

余裕があれば、「分節化」についても扱っておく。
評論読解の重要なキーワードである。

※分節化=世界をさまざまな対象や概念の構成要素で分けること。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド