TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/02/18 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1235115 更新:2012年12月12日

「Songismysoul」(高橋浩美作詞・作曲)の指導法


歌が大好き、歌うのが大好き、そんな気持ちを歌った曲です。リズムに乗って、のびのびと歌いたいですね。

1. 1拍前でみんないっしょに息を吸い、八分音符で止めて歌い始める。

または、最初の八分音符で、すばやく一度に息を吸う。吸う音が聞こえるくらい、たっぷりと。

2. 歌い始め、「きらめく」の「き」は、KHIくらい子音をなっきりと。

「ら」も、舌をはっきり動かして、クリアに。「きらめく時をー」、この第一声で、きらめく雰囲気を表現することが大切。 「ふと」の「ふ」も唇を使って、子音をはっきり長めに歌う。

3. 「思い出がよみがえる」まで、音が低いけれど、女声、地声にならないで、丸い響きのある声を意識して歌う。 

2番では男声が加わって一緒に歌う。誰かの声が目立つのではなく、みんなの声がひとつに聞こえるように練習しよう。

4. 「みんなで同じ」からは男声がメロディー。

朗々と、男らしい声で歌ってほしい。女声は、男声をひきたてるつもりで。「ル」は唇をつきだして細くて丸い「う」を歌う。口の中が狭くならないように、口の中は「お」で、唇だけ「う」にするかんじ。「ラ」と同じで、舌をはっきり動かして、クリアな「ル」にすること。

5. 伴奏の形が変わり、リズミックな部分になる。

この変化をみんなが感じてはずむようなビートで歌うこと。 これ以降は「いーまーみーらーいーにーむーかーいー」というよりも「い・ま・み・ら・い・に・む・か・ひー」というかんじで。(和田アキコみたいっていうとわかるかな?)深い声で、リズムに乗ってうたう。「ル」は上記4に同じ。

6. 「心動く・・・」から、男声もいっしょにリズミックな部分になる。

「心動く/なにかを<-」と、「何かをー」の「をー」でぐぐっと盛り上げる。これは8拍できるだけいっぱい伸ばして、すばやく息継ぎ。息継ぎが揃わないと効果半減なので、難しければ7拍伸ばし、1拍で、そろって息継ぎをする。

7.さあ、いよいよこの曲のヤマ。

思わずからだが動いてしまうほど、ノリノリで。特に指揮者は、体全体でリズムを表現しよう。 

8. 「もう一度君と歌いたい・・・」の女声、3連符の部分を特に意識して、リズムが流れないように歌う。

だって、作曲者は、わざと3連符にしてるんだもん。男声、「アー」は、なんとなく「アー」ではなくて、女声の歌詞と同じ気持ちを、歌詞ではなく「アー」に込めて歌っているんだから、女声パートよりも難しいんだよ。がんばってね。全員が声をだしていることを実感として感じられるようにたっぷり歌う。

9. 「伝えたい」は、そのまま勢いで突っ走ってはいけない。 

息をみんなで揃ってたっぷり吸って、冷静になって、みんなの気持ちをこめてゆったりと「つたえたい」と歌う。「つ」が「ちゅ」にならないように、口の中は広く。「た」も、口をあけて、声をぐぐっと前に出す。「いー」もぺったんこの地声にならないように、深い響きで6拍十分にのばす。

10. 2括弧はリズミックなまま、繰り返す。

男声だけが「Song」を歌う部分がカッコイイ。男声ガンバレ。以降は上記7・8・9に同じ。 

Coda「伝えたい」のピアノに、最初のメロディーが現れる。それを聴きながら歌える余裕があると気持ちがいい。 

「永遠に」も、息をたっぷり吸って、心を込めた優しい歌い方で最後までのばそう。 

「ん」や「に」も、鼻のまわりに十分響かせることができるときれいなるよ。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド