TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/06/24 現在)

21504
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2694871 更新:2015年12月25日

初めての英語の授業(20~25分)


ALTの先生が教室に入ってくると、子供たちはやや緊張気味な様子だった。

1.元気な挨拶

 その緊張をほぐるように、ALTの先生は、大きな声で挨拶をした。
「Good Moning!!」
子供たちも、真似をして、
「グッド モーニング」
しかし、やや声が小さかったので、またまた大きな声で…、
「Good Moning!!」
今度は、子供たちの声も大きくなって、
「グッド モーニング!!」
「OK Good!」

2.私の名前

「My name is ミッシェル(仮名)。」
「私の名前はミッシェルです。」
「My」「マイ」「マイ」「My」「マイ」
「name」「ネイム」「name」「ネイム」「name」「ネイム」
「is」「イズ」「is」「イズ」「is」「イズ」
「My name」「マイ ネイム」「My name」「マイ ネイム」
「My name is」「マイ ネイム イズ」「My name is」「マイ ネイム イズ」
「My name is ミッシェル」「マイ ネイム イズ ミッシェル」

3.自分の名前

「今度は、自分の名前を言ってください。」「はい!」
「マイ ネーム イズ ○○」「OK!」
「1回目は私が言いました。2回目はみんなでした。」(ALTはこれも英語で言っていた。)
「次は、初めにみんなが言って、次に私が言います。自分の名前を言うんですよ。」
「はい、どうぞ!」
「マイ ネイム イズ ○○」と、一斉に自分の名前を言う。
「My name is ミッシェル」

4.初めて会った人との挨拶

「日本では、初めて会った人に、お辞儀をします。外国ではちがいます」
「どうするか分かる人?」「はい」とB君を指名。
「『Nice to meet you』と握手をします。」
「はい、そうですね」
この後、ALTの先生は、「Nice to meet you」と言いながら、子供たち一人一人に握手をしていった。
そして、次のステップです。
今度は、全体に向けて、もう一度練習です。
まずは、発音の練習から。
「Nice」「ナイス」「Nice」「ナイス」
「to」「チュー」「to」「チュー」
「meet」「ミートゥ」「meet」「ミートゥ」
「you」「ユー」「you」「ユー」
「Nice to」「ナイスチュー」「Nice to」「ナイスチュー」
「Nice to meet」「ナイスチューミーチュ」「Nice to meet」「ナイスチューミーチュ」
「Nice to meet you」「ナイスチューミーチュユー」「Nice to meet you」「ナイスチューミーチュユー」
「Nice to meet you」と言いながら、握手の真似をする。
すると、子供たちも真似をして、「ナイスチューミーチュユー」とやる。
ALTの先生は、左の方を見て、中央を見て、右の方を見て同じように繰り返す。
「Very Good!!」

5.別れる時の挨拶

「今度は、別れる時です。別れる時は、『Good bye』と言いながら、手を振って教室を出ます。
しばらくすると、『Good moning!!』と言いながら、また、教室に入ってきます。
また、『Good bye」と言いながら教室を出ます。」
「また戻ってくるよ」「うん戻ってくる」と口々に子供たちは言っていく。
すると、今度は、後ろの入口から、「Good monin!!」とALTの先生。
子供たちは、もうすっかりALTの先生のペースに嵌まっていた。

6.人と会って別れる時の挨拶の練習

「今度は前に出てきてできる人?」
3人の子供たちが手を挙げた。
そのうちの一組目が前に出た。二人は向かう合うと、
「グッド モーニング!マイ ネーム イズ ○○」「ナイスチューミーチュユー」と言いながら握手をした。
「グッバイ!」と言いながら別れた。
なかなか鮮やかなやり取りに、思わず見ていた子供たちから大きな拍手が起きた。
その時、ALTの先生はストップウォッチでタイムを計っていた。
そして、12秒と黒板に書いた。

次に、もう一組も同じやり取りをした。
さて、次は、どうするのかと見ていると、
「今度は、みんなにも、やってもらいます。」(ストップウォッチを手にして)
「チャレンジ!チャレンジ!」
「これは、何ですか?」
「ストップウォッチ!」
「はい、これで2分計ります。その間に、何人の人と英語の挨拶ができるかな?」
「同じ人とやるのは、ブーです。いろんな人とやってください。場所は動いてもいいです。」
「担任の先生とやってもいいです。」

「3・2・1スタート!」
途端に、子供たちが活発に動き出す。
「グッドモーニング!マイネームイズ○○」「ナイスチューミーチュユー」「グッバイ!」
「グッドモーニング!マイネームイズ○○」「ナイスチューミーチュユー」「グッバイ!」
元気だけれど、聴き取れない英語の挨拶が飛び交う。中には、ALTの先生に積極的に手を出している子が何人もいた。
ALTの先生も、いろいろとそれに答えている。
先生も、ニコニコ

「ストップ!」
こうして、時間はあっという間に過ぎてしまった。
この後、何人の人と英語で挨拶ができたかを尋ねていた。
一番多かったBくんに拍手を送った後、
「でも、みんなも英語で挨拶ができたから、全員拍手!!」」
全員に拍手が送られた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド