TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/12/11 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9444146 更新:2015年11月09日

暑い季節を快適に 衣服の手入れ(ボタンつけ)


説明1:

二つ穴ボタンのつけ方の復習をします。

指示1:

鉛筆の線を糸として描いてみましょう。

教師がボタンと布の簡単なイラストの見本をみせる。

______

早く書き終わった児童に前に書かせる。

______

左の図のように書いていたら、右の図のようにボタンと布の間に糸を巻き付けなくてはいけないことを確認する。

発問1:

ボタンと布の間に糸を巻き付けるのはなぜでしょう。

丈夫にするため。
ボタンを留めやすくするため。
*ボタンと布の間を少し開けて糸を巻き付けることで、布が通りやすいのでボタンが留めやすく、丈夫なボタンのつけ方になる。

説明2:

四つ穴ボタンのつけ方を確かめます。

発問2:

糸の通し方で正しいのはどれでしょう。

______

図を示して、挙手で意見を確認する。

説明3:

「=」「×」のどちらかの方法で通します。

説明4:

足つきのボタンのつけ方を確認します。

______

足つきボタンが分からない児童もいるので、実物を見せたり、図を示したりする。

発問3:

足つきボタンをつけるときも、ボタンと布の間に糸を巻き付けるのでしょうか。

巻き付ける、巻き付けないのどちらか挙手で確認する。

説明5:

足がついているので、糸で足を作る必要はありません。
だから、足つきボタンの場合は、ボタンと布の間に糸を巻き付けません。

指示2:

自分が持ってきたボタンをつけてみましょう。

説明6:

正しくつけていて、裏から見ても糸が固まっていたら「A」
正しいつけ方だけれど、裏側があちこち広がっていたら「B」
ここまでが合格です。
つけ方が違っていたら、「C」やり直しです。

指示3:

ボタンがつけられたら、先生に見せにきます。

それぞれのボタンにあったつけ方ができているか、同じところに針をさしてつけられているかを確認して評定していく。
早く終わった子は、学習のまとめを書くなど課題を用意しておく。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド