TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/10/17 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8889486 更新:2012年12月13日

くるりんナイスキャッチ!前転ボールキャッチ


(1)習得 前転

指示1:

 声を掛け合って3人組をつくりましょう。 

 黙って待つのではなく,積極的に声を掛け合うようにしていく。

指示2:

 前転をします。
 お尻とかかとを一気に近づけて,手を使わないで立ちなさい。 

 後頭部→背中→腰の順次接触の技術が身につけられるようにする。そのためには,自分の体から遠くに手をついて,腰角度を大きくさせていく。
 また前転ボールキャッチで大切なのは,手を着かずに立ちあがる技能である。回転の終末局面で,一気にお尻とかかとを近づけるようにし,手を前に出すようにさせていく。

(2)習得 すばやい前転

説明1:

 前転リレーをします。
 1人目が終わったら,2人目がスタートします。一番先に全員回り終わったグループの勝ちです。 

 前転ボールキャッチができるようにするには,すばやい前転も大切である。
 すばやく前転できなければ,ボールをキャッチすることができない。頭をつけないで前転するようにさせる。
 前転リレーを行うことで,楽しみながら練習させていく。

(3)活用 前転ボールキャッチ

指示3:

 前転したあと,投げてもらったボールをキャッチします。 

 示範を見せ,イメージを持たせる。
 前転して友達に投げてもらったボールをキャッチする。

指示4:

 前転ボールキャッチをします。 

 示範を見せ,イメージを持たせたあと,練習に入る。
 ボールの種類も,ビニール製ソフトバレーボール(20g,30g,50g,100g),ゴム製ソフトバレーボール,バレーボール,ドッジボール,ハンドベースボール,紅白玉などから選択させる方法もある。

発問1:

  どのようにしたらうまくできるでしょうか。

拡散的発問により,テクニカルポイントを引き出していく。
 ・すばやく前転する。
 ・ボールをしっかりと見る。
 ・ボールを高く投げ上げる。
 ・前転が終わる位置あたりにボールを投げる。

発問2:

 ボールの位置をいつ確認すればよいですか。
 A.回る前
 B.回っている途中
 C.回り終わってから 

 集中的発問により,ボールをいつ見ればよいかを考えさせる。
 予想後,どれがよいか試させてみる。
 試した結果,どれがよかったかを確認する。

指示5:

 上手な○○さんの動きを見てみましょう。
 ボールの位置をいつ確認していますか。  

 上手な子の動きを見て,ポイントを確認していく。

指示6:

  グループで教え合いながら練習しなさい。

 教え合いながら練習させるようにすることで,コミュニケーション能力の育成を図る。
 発問によって整理したポイントに沿って教え合うようにさせる。

指示7:

 ボールに触れたら1点,寝てキャッチできたら2点,起きてキャッチできたら3点とします。
 1人3回挑戦して,何点取れるか競争します。

 得点化して評価していく。
 まずは個人の評価である。何点取れたかということで評価していく。

指示8:

 グループ3人の点数を合計します。

 次にグループの評価である。
 班の3人の得点を合計し,グループごとに競う。集団化していくのである。
 最後にクラス全体の評価である。
 全てのグループの得点を合計し,クラス全体としての向上を意識させていくことで集団的達成感を味わわせる。

(4)探究 ○○ボールキャッチ 

指示9:

  前転だけでなく,ほかに「○○ボールキャッチ」の動きを考えましょう。

例えば,次のような動きが考えられる。点数は,子どもたちと話し合って決めていくようにしてもよい。
 ・馬跳び               2点
 ・馬跳び2回(向きを変えて往復)   5点
 ・側方倒立回転            5点
 ・ハンドスプリング          10点
 ・前転2回転             15点
 ・後転                15点

[参考文献]
 『楽しい体育の授業』№214(明治図書)楠康司論文  『写真で見る「運動と指導」のポイント2 マット』松本格之祐著(1998年日本書籍)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド